広島優勝争いのカギを握る野村監督の「リリーフ陣起用法」

公開日: 更新日:

 広島OBが「今年のカープは本物じゃ」と口を揃える根拠のひとつが、投手陣の安定にある。チーム防御率3.18はリーグ1位。ドラフト1位・大瀬良の加入で厚みを増した先発陣もさることながら、「あのリリーフ陣は厄介。FA人的補償で巨人から入った一岡、6年目で成長著しい中田は6日の試合前まで防御率0.00。この2人に永川、抑えのミコライオを加えた勝ちパターンのリリーフはリーグ一でしょう」とライバル球団のスコアラーも警戒を強めている。

 3─4で敗れた6日のヤクルト戦、その無失点コンビのひとり、中田が今季11試合目の登板で初失点を喫した。2─3と1点ビハインドの五回裏からマウンドに上がり、2イニング目の六回に安打と死球でピンチを広げ、ヤクルト5番の雄平に適時打を浴びた。

横浜はリリーフ陣にもローテ制を導入

 もちろん、一岡も中田も最後まで防御率0.00でいけるわけがない。問題は使い方だ。2人を含めたリリーフ陣を、ベンチがいかに負担をかけずに起用していくか。戦力の分厚い巨人との優勝争いを想定したとき、これがシーズン終盤に明暗を分けることになる、とみる専門家が多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  6. 6

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  7. 7

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  10. 10

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る