日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

広島優勝争いのカギを握る野村監督の「リリーフ陣起用法」

 広島OBが「今年のカープは本物じゃ」と口を揃える根拠のひとつが、投手陣の安定にある。チーム防御率3.18はリーグ1位。ドラフト1位・大瀬良の加入で厚みを増した先発陣もさることながら、「あのリリーフ陣は厄介。FA人的補償で巨人から入った一岡、6年目で成長著しい中田は6日の試合前まで防御率0.00。この2人に永川、抑えのミコライオを加えた勝ちパターンのリリーフはリーグ一でしょう」とライバル球団のスコアラーも警戒を強めている。

 3─4で敗れた6日のヤクルト戦、その無失点コンビのひとり、中田が今季11試合目の登板で初失点を喫した。2─3と1点ビハインドの五回裏からマウンドに上がり、2イニング目の六回に安打と死球でピンチを広げ、ヤクルト5番の雄平に適時打を浴びた。

■横浜はリリーフ陣にもローテ制を導入

 もちろん、一岡も中田も最後まで防御率0.00でいけるわけがない。問題は使い方だ。2人を含めたリリーフ陣を、ベンチがいかに負担をかけずに起用していくか。戦力の分厚い巨人との優勝争いを想定したとき、これがシーズン終盤に明暗を分けることになる、とみる専門家が多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事