巨人戦決勝打の広島・堂林 “覚醒”にOB山本浩二氏の助言あり

公開日: 更新日:

 手荒い祝福が待っていた。お立ち台でのヒーローインタビュー。「頂点しか目指してません。皆さんも一緒に頑張りましょう!」と声を張り上げて締めた瞬間、顔面にパイを押し付けられ、頭から大量の水をぶっかけられた。23回目の誕生日を迎えた日に決勝タイムリー。クリームで真っ白になった堂林翔太の顔には満面の笑みが広がった。

 17日の巨人戦。2-4の八回2死走者なしから同点に追いついた。なおも一、三塁の好機で打席に立ち、2球で追い込まれた。それまでの4打席は無安打。同点どまりか、とスタンドのトーンが下がったものの、ここから粘り、巨人の切り札左腕・山口の8球目、低めのボール球に食らいついて中前にはじき返した。

「素晴らしかったね。見たことない上手な打撃をした」と、野村監督も目を丸くする一打だった。

 人気はチームでナンバーワン。誰もが将来の広島を背負って立つと期待する。この日の試合前には大物OBの山本浩二氏から「トップが浅いから空振りする。もっとしっかりトップを取れ」とアドバイスを受けた。

 昨年の打率が.217で今季も.260。うるさい“外野”に惑わされることもあるだろうが、首位巨人に3ゲーム差と迫るこの日の決勝打。OBの助言はで飛躍のきっかけを掴みそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  2. 2

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  5. 5

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る