巨人戦決勝打の広島・堂林 “覚醒”にOB山本浩二氏の助言あり

公開日:  更新日:

 手荒い祝福が待っていた。お立ち台でのヒーローインタビュー。「頂点しか目指してません。皆さんも一緒に頑張りましょう!」と声を張り上げて締めた瞬間、顔面にパイを押し付けられ、頭から大量の水をぶっかけられた。23回目の誕生日を迎えた日に決勝タイムリー。クリームで真っ白になった堂林翔太の顔には満面の笑みが広がった。

 17日の巨人戦。2-4の八回2死走者なしから同点に追いついた。なおも一、三塁の好機で打席に立ち、2球で追い込まれた。それまでの4打席は無安打。同点どまりか、とスタンドのトーンが下がったものの、ここから粘り、巨人の切り札左腕・山口の8球目、低めのボール球に食らいついて中前にはじき返した。

「素晴らしかったね。見たことない上手な打撃をした」と、野村監督も目を丸くする一打だった。

 人気はチームでナンバーワン。誰もが将来の広島を背負って立つと期待する。この日の試合前には大物OBの山本浩二氏から「トップが浅いから空振りする。もっとしっかりトップを取れ」とアドバイスを受けた。

 昨年の打率が.217で今季も.260。うるさい“外野”に惑わされることもあるだろうが、首位巨人に3ゲーム差と迫るこの日の決勝打。OBの助言はで飛躍のきっかけを掴みそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  4. 4

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  5. 5

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る