広島「恐怖の2番打者」菊池涼介が語るベンチでの意外な特技

公開日: 更新日:

 20日のDeNA戦で2安打、連続安打を21試合に伸ばし、前日に94年のオリックスイチロー以来、史上3人目の1シーズン2度目の20試合連続安打を決めた、広島3年目の菊池涼介(24)。

 打率.333でリーグ3位。首位打者も狙える位置につける「恐怖の2番打者」には、実は“特技”がある。菊池がこう胸を張る。

「学生時代から投手のしぐさなどから分かるクセを見つけるのが好きだった。ベンチではずっと投手を凝視しています。小さな違いに気付く方なんで。プロでもクセがある投手はいます。直球か変化球かだけでも分かれば大きいですから」

 確実なクセならナインに伝えることもある。ベンチで漫然と戦況を見つめる選手が多い中、菊池は目を凝らしながら、スコアラーのような役割も果たしている。

■遊撃手転向プランも

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  4. 4

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  5. 5

    「雪駄の雪」は公明党ではなく自民党の方ではないのか?

  6. 6

    小池知事の肝いり感染防止策は“ザル”…夜の街からは憤りが

  7. 7

    フワちゃんが見せた気遣い「徹子の部屋」の“さん付け”話題

  8. 8

    コロナ禍で強行 麻生派「飲食なし」2万円パーティーの中身

  9. 9

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  10. 10

    日本政府が恐怖の見切り発車「GoTo」感染拡大へまっしぐら

もっと見る