日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

広島「恐怖の2番打者」菊池涼介が語るベンチでの意外な特技

 20日のDeNA戦で2安打、連続安打を21試合に伸ばし、前日に94年のオリックス・イチロー以来、史上3人目の1シーズン2度目の20試合連続安打を決めた、広島3年目の菊池涼介(24)。

 打率.333でリーグ3位。首位打者も狙える位置につける「恐怖の2番打者」には、実は“特技”がある。菊池がこう胸を張る。

「学生時代から投手のしぐさなどから分かるクセを見つけるのが好きだった。ベンチではずっと投手を凝視しています。小さな違いに気付く方なんで。プロでもクセがある投手はいます。直球か変化球かだけでも分かれば大きいですから」

 確実なクセならナインに伝えることもある。ベンチで漫然と戦況を見つめる選手が多い中、菊池は目を凝らしながら、スコアラーのような役割も果たしている。

■遊撃手転向プランも

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事