広島マエケン 「メジャーの評価急落」は特定球団の情報操作

公開日:  更新日:

 降りしきる雨のせいばかりではないだろう。

 15日の巨人戦で、広島の前田健太(26)がメッタ打ちにされた。一、二回に坂本、高橋由にソロを浴びると、三回には4安打2四球で4失点。険しい表情に雨粒を滴らせ、この回限りでマウンドを降りた。

 前回8日の阪神戦でも、6回7失点でKOされた。味方の失策絡みで自責は4点とはいえ、10安打4四球では言い訳のしようもない。

 そんな前田の評価が海の向こうでガタ落ちという。今オフはポスティング制度を行使してのメジャー挑戦が濃厚。入札金の上限額はかつてのような青天井ではなく20億円とラインが引かれたものの、「前田なら複数球団が満額入札するはず」といわれていた。あるメジャー関係者が言う。

「米国では『今季のマエダは以前のような躍動感がない。故障を隠している』とか、『絶対的な決め球がない』などと具体的な噂も出回っている。一番苦しい夏場に2試合続けて不甲斐ない投球では、そうした噂に拍車がかかってもおかしくない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る