広島マエケン 「メジャーの評価急落」は特定球団の情報操作

公開日:  更新日:

 降りしきる雨のせいばかりではないだろう。

 15日の巨人戦で、広島の前田健太(26)がメッタ打ちにされた。一、二回に坂本、高橋由にソロを浴びると、三回には4安打2四球で4失点。険しい表情に雨粒を滴らせ、この回限りでマウンドを降りた。

 前回8日の阪神戦でも、6回7失点でKOされた。味方の失策絡みで自責は4点とはいえ、10安打4四球では言い訳のしようもない。

 そんな前田の評価が海の向こうでガタ落ちという。今オフはポスティング制度を行使してのメジャー挑戦が濃厚。入札金の上限額はかつてのような青天井ではなく20億円とラインが引かれたものの、「前田なら複数球団が満額入札するはず」といわれていた。あるメジャー関係者が言う。

「米国では『今季のマエダは以前のような躍動感がない。故障を隠している』とか、『絶対的な決め球がない』などと具体的な噂も出回っている。一番苦しい夏場に2試合続けて不甲斐ない投球では、そうした噂に拍車がかかってもおかしくない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  4. 4

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  5. 5

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る