10勝到達 日ハム大谷が“ヨレヨレ”でも大崩れしない理由

公開日: 更新日:

 日本ハム・大谷翔平(20)の代名詞は「160キロ右腕」。

 球はめっぽう速いのに、しかし、コントロールが良くない。球は上下左右に散るし、特に変化球の制球は安定しない。甘く入った球を安打されるケースも目立つ。

 例えば昨夜のソフトバンク戦だ。

 味方打線が2点を先制した直後の一回裏、2死一、二塁から長谷川に中前適時打を浴びて1点を失った。続く二回も失点こそなかったものの、暴投と四球などで2死一、三塁のピンチを招いた。試合後の本人も「序盤は全然、ダメでした」と話している。

 それでも7回を5安打1失点に抑え、チームではダルビッシュ(現レンジャーズ)以来となる高卒2年目の10勝到達(3敗)。41日ぶりで勝利投手になった。

 速球自慢の投手はツボにはまったときに手がつけられない一方、制球が定まらないときは火だるまになる傾向がある。だが、大谷は炎上するケースが極端に少ない。2ケタ勝利に足踏みした最近の4試合にしても、最悪は10日のソフトバンク戦の6回5失点。残りの3試合は3失点以内に抑えている。投げた試合は必ずといっていいほどゲームをつくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  2. 2

    テレ朝が“忖度”人事か…安倍政権追及の経済部長を更迭

  3. 3

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  4. 4

    ジャニー喜多川氏の救急搬送で中居正広と木村拓哉の今後は

  5. 5

    ジャーナリスト宮下洋一氏 日本での安楽死法制化には反対

  6. 6

    海外ドラマのメインキャストに 山下智久の気になる英語力

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  9. 9

    日ハム輝星“直球8割でも抑えられる”を科学データで謎解き

  10. 10

    原監督は激怒 プロ最短KOを喫した巨人・菅野の孤独な闘い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る