10勝到達 日ハム大谷が“ヨレヨレ”でも大崩れしない理由

公開日:  更新日:

 日本ハム・大谷翔平(20)の代名詞は「160キロ右腕」。

 球はめっぽう速いのに、しかし、コントロールが良くない。球は上下左右に散るし、特に変化球の制球は安定しない。甘く入った球を安打されるケースも目立つ。

 例えば昨夜のソフトバンク戦だ。

 味方打線が2点を先制した直後の一回裏、2死一、二塁から長谷川に中前適時打を浴びて1点を失った。続く二回も失点こそなかったものの、暴投と四球などで2死一、三塁のピンチを招いた。試合後の本人も「序盤は全然、ダメでした」と話している。

 それでも7回を5安打1失点に抑え、チームではダルビッシュ(現レンジャーズ)以来となる高卒2年目の10勝到達(3敗)。41日ぶりで勝利投手になった。

 速球自慢の投手はツボにはまったときに手がつけられない一方、制球が定まらないときは火だるまになる傾向がある。だが、大谷は炎上するケースが極端に少ない。2ケタ勝利に足踏みした最近の4試合にしても、最悪は10日のソフトバンク戦の6回5失点。残りの3試合は3失点以内に抑えている。投げた試合は必ずといっていいほどゲームをつくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  9. 9

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

  10. 10

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

もっと見る