10勝目前も 日ハム大谷を苦しめる「貧打」と「タイトル争い」

公開日: 更新日:

 2ケタ勝利を目前にしながら足踏みが続いているのが、日本ハム大谷翔平(20)だ。

 17日の西武戦に先発。今季4戦で3勝無敗の「お得意さま」相手に10勝目を狙いにいったが、初回に中村に3ランを浴び、いきなり劣勢に。その後、何とか持ち直したものの、味方打線の援護は3点止まり。降板した七回までに149球(4安打3失点)を投げながら4試合連続で白星はお預けとなった。大谷は試合後、元気なく記者の質問に答えた。

「今日は全然ダメでした。全体的にです。二回以降は立て直した? ただ単に甘い球を相手が打ち損じてくれただけ。全部ダメでした。(このところ勝ちがつかないが?)今日ぐらいのピッチングではあまり点も入らない。僕が野手なら守りたくないピッチャーです」

 8月に入って今回が3度目の登板。前回(10日、ソフトバンク戦)は130球、前々回(3日、ソフトバンク戦)も129球を投げ、今月3試合の球数は合計で400球を超えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る