日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハム上沢と浦野が新人王争い 拮抗なら「共倒れ」危機の理由

 日本ハムがシーズン終盤に差し掛かった今、「ある問題」に頭を悩ませている。先発陣の一角として活躍するプロ3年目の上沢直之(20)と社会人ルーキー・浦野博司(25)が熾烈なパ・リーグの新人王争いを繰り広げているからだ。

 24日の西武戦に先発した上沢は、勝ち星こそつかなかったものの、現在7勝(6敗、防御率3.38)をマーク。右手中指爪の裂傷で登録抹消中のロッテ・石川歩(26、7勝5敗、防御率3.27)と勝ち星で並ぶ。その2人を猛追しているのが浦野で、現在6勝2敗、防御率3.93。今週中にも先発機会が巡ってくる予定で、浦野の結果次第ではチーム内の2人が新人王レースの有力候補になる。日本ハムは、この争い自体はお互いの刺激にもなるため大歓迎。問題は2人が最後まで拮抗したうえで起こる「共倒れ」の危険性だ。

■オリックス吉田に票が流れる可能性

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事