日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「スター扱い」好まぬ日ハム斎藤佑の復活邪魔するテレビ局

 見るも無残な内容だった――。日本ハム・斎藤が14日のロッテ戦に先発。前回登板(7月31日、ロッテ戦)に次ぐ今季2勝目を狙ったが、初回に2安打2四球で3点を先制される苦しい展開に。結局、3回もたず5安打5失点でKOされた。

「変化球の抜け球も多くて、ピッチングにならなかった。立ち上がりのフォアボールが何よりも悔やまれます。中継ぎ陣に負担をかけて申し訳ない気持ちです」とは、降板後の本人だ。

 約2年ぶりの復活勝利を挙げた前回登板後のお立ち台では、「これから僕の第2の野球人生が始まります」と高らかに宣言したものの、これが「第2の野球人生」のスタートとは情けない限りだ。

■球場で見つけるやカメラの前に引っ張り出そうと…

 ぶざまな投球をするのは、本人に責任がある。しかし、一時期に比べれば投球内容は上向き。復活に近づいているのも事実だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事