二刀流希望者急増も 日ハム大谷が「球界の常識」を変える

公開日: 更新日:

 先発投手で2ケタ勝利。バットを持てば3割近い打率を残し、ホームランも10本に届くかもしれない。

 当初は大谷の二刀流について「プロをなめている」と言っていた評論家諸氏も、今年の活躍を見れば脱帽せざるを得ない。そんな大谷の活躍は「球界の常識」を壊すきっかけになるはずだ。

 日本ハムの観客動員は11年に比べ、12、13年は1試合あたり1800人ほど減っている。大谷の活躍によって観客が増えれば、投手と野手の成績以外に集客力も評価されるべき。その大谷の二刀流は、他球団も含めて選手の査定にも影響を与える可能性が強い。

「一般の先発投手は中5~6日で登板し、間の5~6日は調整に充てている。大谷はその間、投手としての調整をやってなおかつ、野手としての練習をして試合に出場、結果を出し続けているわけです。明らかに人の倍以上の労力を使っているのだから、単純に大谷に野手としての査定を加味すればそれで済むという話ではありません。投手、野手の役割や評価をより細分化し、見直す必要が出てくるのではないか。これまでプロ野球選手の査定は、ドンブリ勘定の部分もあったが、大谷が投打で結果を出すことによって、よりフェアな査定に変化していくと思います」(スポーツライターの工藤健策氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  2. 2

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

  3. 3

    小室圭さんが再び迫られる金銭トラブルへの対峙 眞子さまは関与囁かれ“バッシング”が

  4. 4

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  5. 5

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  6. 6

    萱和磨は「できるけどやらない」秀才高校生だった【「銀」体操男子 若き4人の素顔#3】

  7. 7

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  8. 8

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  9. 9

    宮崎美子&斉藤慶子に続く「奇跡のビキニ姿」は? “アラ還”美熟女争奪戦がぼっ発!

  10. 10

    小山田圭吾、小林賢太郎、竹中直人…開会式辞任ドミノ「吉本興業」に衝撃走る

もっと見る