二刀流希望者急増も 日ハム大谷が「球界の常識」を変える

公開日: 更新日:

 先発投手で2ケタ勝利。バットを持てば3割近い打率を残し、ホームランも10本に届くかもしれない。

 当初は大谷の二刀流について「プロをなめている」と言っていた評論家諸氏も、今年の活躍を見れば脱帽せざるを得ない。そんな大谷の活躍は「球界の常識」を壊すきっかけになるはずだ。

 日本ハムの観客動員は11年に比べ、12、13年は1試合あたり1800人ほど減っている。大谷の活躍によって観客が増えれば、投手と野手の成績以外に集客力も評価されるべき。その大谷の二刀流は、他球団も含めて選手の査定にも影響を与える可能性が強い。

「一般の先発投手は中5~6日で登板し、間の5~6日は調整に充てている。大谷はその間、投手としての調整をやってなおかつ、野手としての練習をして試合に出場、結果を出し続けているわけです。明らかに人の倍以上の労力を使っているのだから、単純に大谷に野手としての査定を加味すればそれで済むという話ではありません。投手、野手の役割や評価をより細分化し、見直す必要が出てくるのではないか。これまでプロ野球選手の査定は、ドンブリ勘定の部分もあったが、大谷が投打で結果を出すことによって、よりフェアな査定に変化していくと思います」(スポーツライターの工藤健策氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  2. 2

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  3. 3

    トランプ親書を尻に?安倍首相の外交力を海外メディア酷評

  4. 4

    5%割れなら…NHKが密かに画策「いだてん」終了プラン

  5. 5

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  6. 6

    生保調査で分かった 60歳2000人貯蓄の内実と迫る消費不況

  7. 7

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  8. 8

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  9. 9

    「いだてん」はオワコン NHK早くも「麒麟が来る」必勝態勢

  10. 10

    令和最初の倒産はどこ 市場が警戒「危ない会社」予備軍

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る