来季続投へ 阪神・和田監督が上層部に評価されているワケ

公開日: 更新日:

 日刊スポーツが「和田監督続投要請」の見出しで、阪神が和田監督(51)の続投を基本線としていると報じた27日、東京ドームの三塁側ベンチは試合前からちょっとした騒ぎだった。

 和田監督を激励に来た坂井信也オーナー(電鉄本社会長)は、すぐさま担当記者に囲まれて矢継ぎ早に質問を浴びた。

「続投? 知らんで、そんなの。シーズンが終わってから? (スポーツ紙の続投要請報道を)読んでないから知らん。会食の予定? ありません」

 こう言って口を濁したものの、南球団社長は今年で3年契約が切れる和田監督に続投要請する方針を明らかにした。

 評価されたのは「若手育成」といわれる。投手は2年目の金田(23)、ルーキーの岩崎(23)、野手は6年目の上本(28)、3年目の伊藤隼(25)、ルーキーの梅野(23)ら生え抜きが力をつけているのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  6. 6

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  7. 7

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  8. 8

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  9. 9

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る