日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

勝負弱さ浮き彫りに…阪神「首位攻防初戦」逆転負けの“戦犯”

 長丁場のペナントレースには、絶対に落としてはいけない試合がある。阪神にとってこの日のゲームがまさにそれだった。

 勝てば巨人に0・5ゲーム差に迫る首位攻防初戦。1点リードで迎えた九回裏。マウンド上には守護神の呉昇桓。阪神ファンの誰もが勝利を確信したはずだ。

 ところが、ファンの顔色は数分で変わった。

 呉は先頭の阿部に右翼二塁打を許すと、村田に対する暴投で代走の鈴木が三進。村田の犠飛で同点にされ、続く矢野に四球を与え、サヨナラの走者を出す。7番隠善にも、捕手鶴岡の股間を抜ける暴投で代走大田が二塁へ。2死後、8番ロペスに真ん中低めの直球を中前へ運ばれ、まさかの逆転負けである。

■狙われた直球

 試合を見ていた韓国メディアのひとりは「阿部に対する配球が問題だった」と言ってこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事