勝負弱さ浮き彫りに…阪神「首位攻防初戦」逆転負けの“戦犯”

公開日: 更新日:

 長丁場のペナントレースには、絶対に落としてはいけない試合がある。阪神にとってこの日のゲームがまさにそれだった。

 勝てば巨人に0・5ゲーム差に迫る首位攻防初戦。1点リードで迎えた九回裏。マウンド上には守護神の呉昇桓。阪神ファンの誰もが勝利を確信したはずだ。

 ところが、ファンの顔色は数分で変わった。

 呉は先頭の阿部に右翼二塁打を許すと、村田に対する暴投で代走の鈴木が三進。村田の犠飛で同点にされ、続く矢野に四球を与え、サヨナラの走者を出す。7番隠善にも、捕手鶴岡の股間を抜ける暴投で代走大田が二塁へ。2死後、8番ロペスに真ん中低めの直球を中前へ運ばれ、まさかの逆転負けである。

■狙われた直球

 試合を見ていた韓国メディアのひとりは「阿部に対する配球が問題だった」と言ってこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  2. 2

    テレ朝が“忖度”人事か…安倍政権追及の経済部長を更迭

  3. 3

    ジャーナリスト宮下洋一氏 日本での安楽死法制化には反対

  4. 4

    ジャニー喜多川氏の救急搬送で中居正広と木村拓哉の今後は

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    海外ドラマのメインキャストに 山下智久の気になる英語力

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  9. 9

    日ハム輝星“直球8割でも抑えられる”を科学データで謎解き

  10. 10

    大船渡・佐々木朗希に“逆指名”させようともくろむ球団が

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る