勝負弱さ浮き彫りに…阪神「首位攻防初戦」逆転負けの“戦犯”

公開日: 更新日:

 長丁場のペナントレースには、絶対に落としてはいけない試合がある。阪神にとってこの日のゲームがまさにそれだった。

 勝てば巨人に0・5ゲーム差に迫る首位攻防初戦。1点リードで迎えた九回裏。マウンド上には守護神の呉昇桓。阪神ファンの誰もが勝利を確信したはずだ。

 ところが、ファンの顔色は数分で変わった。

 呉は先頭の阿部に右翼二塁打を許すと、村田に対する暴投で代走の鈴木が三進。村田の犠飛で同点にされ、続く矢野に四球を与え、サヨナラの走者を出す。7番隠善にも、捕手鶴岡の股間を抜ける暴投で代走大田が二塁へ。2死後、8番ロペスに真ん中低めの直球を中前へ運ばれ、まさかの逆転負けである。

■狙われた直球

 試合を見ていた韓国メディアのひとりは「阿部に対する配球が問題だった」と言ってこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  4. 4

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  5. 5

    「雪駄の雪」は公明党ではなく自民党の方ではないのか?

  6. 6

    小池知事の肝いり感染防止策は“ザル”…夜の街からは憤りが

  7. 7

    フワちゃんが見せた気遣い「徹子の部屋」の“さん付け”話題

  8. 8

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  9. 9

    日本政府が恐怖の見切り発車「GoTo」感染拡大へまっしぐら

  10. 10

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

もっと見る