またもゴメスに…「助っ人恐怖症」巨人に襲いかかる天敵たち

公開日:  更新日:

 巨人が阪神の4番にやられた。

 27日の阪神戦で幸先良く3点を先制したものの、4番手の山口が六回にゴメスに適時打を浴びて1点差。延長十回に今度は抑えのマシソンが、またもゴメスに2試合連続となる左越えの特大2ランを浴び、2位阪神にゲーム差を再び1.5に戻された。

 それにしても、ゴメスに打たれる。この日は2安打1本塁打で、巨人戦の打率は.324、6本塁打。頼みの山口、マシソンが餌食にあって、原監督は「うちのスタイルで今日は戦ったわけだから」と平静を装ったものの、実は今季の巨人、他の助っ人にもやられ放題なのだ。

 打者で見ると、広島のエルドレッドは打率.321で6本塁打。ロサリオにも.414と打ちまくられている。DeNAではブランコが.407、バルディリスが.327。ヤクルトのバレンティンには.377、7本塁打と外国人選手に気前よく打率や本塁打を稼がせている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る