またもゴメスに…「助っ人恐怖症」巨人に襲いかかる天敵たち

公開日: 更新日:

 巨人阪神の4番にやられた。

 27日の阪神戦で幸先良く3点を先制したものの、4番手の山口が六回にゴメスに適時打を浴びて1点差。延長十回に今度は抑えのマシソンが、またもゴメスに2試合連続となる左越えの特大2ランを浴び、2位阪神にゲーム差を再び1.5に戻された。

 それにしても、ゴメスに打たれる。この日は2安打1本塁打で、巨人戦の打率は.324、6本塁打。頼みの山口、マシソンが餌食にあって、原監督は「うちのスタイルで今日は戦ったわけだから」と平静を装ったものの、実は今季の巨人、他の助っ人にもやられ放題なのだ。

 打者で見ると、広島のエルドレッドは打率.321で6本塁打。ロサリオにも.414と打ちまくられている。DeNAではブランコが.407、バルディリスが.327。ヤクルトのバレンティンには.377、7本塁打と外国人選手に気前よく打率や本塁打を稼がせている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. 6

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  9. 9

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

  10. 10

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

もっと見る