日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

セ首位攻防戦 巨人の先発ローテに阪神がホッとした理由

 26日から1.5ゲーム差の2位阪神との首位攻防3連戦を迎える巨人は、苦しい戦いを強いられそうだ。

 先発投手は杉内、小山、沢村の順。昨25日、ジャイアンツ球場で調整した杉内が「ここで勝ち越せば大きい。まずは自分がいい投球をする」と意気込めば、3戦目の沢村は「大事な試合で投げさせてもらえるので、チームが乗っていくために勝てる投球がしたい」と腕を撫した。

 今季、巨人は阪神に8勝10敗。杉内は阪神戦5試合で1勝2敗、小山は2試合で1勝0敗だが、沢村は2試合で0勝2敗、防御率は4.91と打ち込まれている。対戦成績そのままに、相性がいい投手が皆無なのだ。

 しかも、巨人は25日、前日の中日戦で4敗目(4勝)を喫したセドンの出場選手登録を抹消した。これになぜか阪神がガッツポーズ。阪神のチーム関係者が声を潜めてこう言うのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事