セ首位攻防戦 巨人の先発ローテに阪神がホッとした理由

公開日: 更新日:

 26日から1.5ゲーム差の2位阪神との首位攻防3連戦を迎える巨人は、苦しい戦いを強いられそうだ。

 先発投手は杉内、小山、沢村の順。昨25日、ジャイアンツ球場で調整した杉内が「ここで勝ち越せば大きい。まずは自分がいい投球をする」と意気込めば、3戦目の沢村は「大事な試合で投げさせてもらえるので、チームが乗っていくために勝てる投球がしたい」と腕を撫した。

 今季、巨人は阪神に8勝10敗。杉内は阪神戦5試合で1勝2敗、小山は2試合で1勝0敗だが、沢村は2試合で0勝2敗、防御率は4.91と打ち込まれている。対戦成績そのままに、相性がいい投手が皆無なのだ。

 しかも、巨人は25日、前日の中日戦で4敗目(4勝)を喫したセドンの出場選手登録を抹消した。これになぜか阪神がガッツポーズ。阪神のチーム関係者が声を潜めてこう言うのだ。

「前回対戦した14日の巨人戦でセドンに六回途中4安打4奪三振1失点の好投を許し、4勝目を献上した。この試合で和田監督が怒ったんです。セドンの130キロそこそこの直球は、ベンチから見たら打ちやすそうなんです。でも、あの大型変則左腕は、初対戦だと打席で戸惑うとみんなが口を揃えた。ヒットを打ったのは、ゴメス、鳥谷、梅野の3人だけ。打率・341で首位打者を快走するマートンですら、球持ちが良くてタイミングが取りにくい厄介な投手だ、とグチをこぼしていましたから。巨人が2週間前からローテをいじらなかったら、再び3戦目で対戦するはずだった。そこに沢村が組み込まれて正直、ホッとしている。おまけに登録抹消ですから。ラッキーですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”