日ハム大谷連続弾! 現実味帯びる「中田超え」と「ダブル10」

公開日: 更新日:

 日本ハム大谷翔平(20)が29日のロッテ戦で、2試合連続アーチを放った。初回2死二塁で迎えた第1打席。カウント3-1からの直球を捉え、打球を左翼最前列に突き刺した。大谷は「ちょっと詰まった当たりで左飛かと思いましたが、スタンドまで届きました」とコメントした。

 すでに投手として10勝をマーク。打者ではこの一発で8本塁打。前人未到の「ダブル10」が現実味を帯びてきた。この大谷の活躍に目を丸くしていると思われるのがチームの主砲・中田だ。

 大谷の打撃には、「アイツは二つ(二刀流)やってるから凄いけど、打者だけなら普通」と、スラッガーとしての格の違いを強調するが、自身は高校通算87本塁打を引っさげてプロ入りした1年目は本塁打「ゼロ」。2年目も9本にとどまった。大谷は2年目の今季、二刀流を続けながら中田の2年目本塁打数に並ぼうとしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    「テセウスの船」好調の裏で…上野樹里“主役食い”の懸念

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る