日ハム大谷連続弾! 現実味帯びる「中田超え」と「ダブル10」

公開日: 更新日:

 日本ハム大谷翔平(20)が29日のロッテ戦で、2試合連続アーチを放った。初回2死二塁で迎えた第1打席。カウント3-1からの直球を捉え、打球を左翼最前列に突き刺した。大谷は「ちょっと詰まった当たりで左飛かと思いましたが、スタンドまで届きました」とコメントした。

 すでに投手として10勝をマーク。打者ではこの一発で8本塁打。前人未到の「ダブル10」が現実味を帯びてきた。この大谷の活躍に目を丸くしていると思われるのがチームの主砲・中田だ。

 大谷の打撃には、「アイツは二つ(二刀流)やってるから凄いけど、打者だけなら普通」と、スラッガーとしての格の違いを強調するが、自身は高校通算87本塁打を引っさげてプロ入りした1年目は本塁打「ゼロ」。2年目も9本にとどまった。大谷は2年目の今季、二刀流を続けながら中田の2年目本塁打数に並ぼうとしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  3. 3

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  4. 4

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  5. 5

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  6. 6

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  7. 7

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  8. 8

    情事の明暗 小川アナ夫は資産30億円目減りもアルペンは…

  9. 9

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  10. 10

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

もっと見る