日ハム大谷 「勝負強さ」の源はパワーと頭脳の“シンクロ”

公開日: 更新日:

 26日に2ケタ勝利に到達した日本ハム大谷翔平(20)は、暇さえあれば野球のことを考えているという。

 相手投手や相手打者の長所短所、自分に対する攻め方の傾向……。特に打つことに関しては、投手コーチが「せめてあのくらい投げることについても考えてくれたら」とボヤくほどとか。そうやって相手を仕留める確率の高い備えをしたうえで打席に入り、マウンドに立つ。

 プロ1年目の昨季も同様だったとはいえ、頭の中で考えていることをマウンドや打席で実行するだけの体力、パワーがなかった。パワーが頭脳に追い付いて、結果も伴うようになった。

 投手で10勝3敗。ボールが散らばっても、肝心な場面で踏ん張れるから大崩れしない。打者として得点圏打率の.388は、仮に規定打席に達していればパでダントツ。リーグトップで同僚の陽ですら.357だ(数字はいずれも28日現在)。投げても打っても結果が出て、なおかつ「勝負強い」のは、それなりの理由があるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

  2. 2
    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

  3. 3
    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

  4. 4
    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

  5. 5
    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

もっと見る

  1. 6
    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

  2. 7
    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

  3. 8
    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

  4. 9
    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

  5. 10
    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか

    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか