日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

本塁打も勝利も2ケタ確実 日ハム大谷にCMオファー殺到

 二刀流を続ける日本ハム・大谷翔平(20)が12日のロッテ戦に「5番・指名打者」で出場。第1打席に先制の6号本塁打を放ち、チームの連敗を「7」で止めた。

「打ったのは内角高めのストレート。甘いところに入ってきたボールをしっかり捉えられました」

 試合中、こうコメントを残した大谷。すでに投手では9勝を挙げ2ケタ勝利は目前。「打者」としては、あと4本で2ケタ本塁打。そうなると黙っちゃいないのが、CM業界だ。

 プロ野球選手やOBのCM起用といえば、王、長嶋両氏を筆頭に、数年前までは当たり前のように全国で放送されていた。

 ところがここ数年は、海を渡ったイチロー、田中(ともにヤンキース)、ダルビッシュ(レンジャーズ)らメジャー選手を除き、「国内組」の出演は皆無。地方のローカル局に日本ハム、ソフトバンク、中日の選手らが出ているぐらいだ。その代わりに本田、香川、長友、岡崎といったサッカー選手が全国区のCMにバンバン登場している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事