有力FA選手補強巡り…巨人vs阪神“争奪合戦”早くも勃発

公開日: 更新日:

「今オフはFA選手の豊作年。ウチも獲得に向けた調査を進めている。けど、ストーブリーグはやっぱりあの2球団が中心になりそうだ」

 某球団の編成担当がため息をつきながらこう言った。「あの2球団とは」もちろん、巨人阪神のことである。

「ウチは昨年、ある投手の争奪戦に参戦した。あとで条件を聞いて、ビックリしたよ。巨人と阪神には逆立ちしてもかなわない。この2球団が手を挙げれば、ソフトバンク以外は指をくわえて見ているしかない」

 今オフのFA市場の最大の目玉といえば、オリックスの右腕・金子千尋(30)。日本球界屈指の好投手はここまで12勝4敗、防御率1.70、177奪三振でリーグ3冠。昨年は球団からの複数年の提示を断り、単年契約を結んだ。オリックス内では、「金子が来年の海外FA権取得を待ってメジャー挑戦するとなれば来季の残留もあるだろうが、国内移籍となれば引き留めは難しい」との声もあり、投手補強を目指す巨人、阪神を筆頭に国内の多数の球団、そしてメジャーも注目している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  5. 5

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  6. 6

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  7. 7

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る