日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

有力FA選手補強巡り…巨人vs阪神“争奪合戦”早くも勃発

「今オフはFA選手の豊作年。ウチも獲得に向けた調査を進めている。けど、ストーブリーグはやっぱりあの2球団が中心になりそうだ」

 某球団の編成担当がため息をつきながらこう言った。「あの2球団とは」もちろん、巨人と阪神のことである。

「ウチは昨年、ある投手の争奪戦に参戦した。あとで条件を聞いて、ビックリしたよ。巨人と阪神には逆立ちしてもかなわない。この2球団が手を挙げれば、ソフトバンク以外は指をくわえて見ているしかない」

 今オフのFA市場の最大の目玉といえば、オリックスの右腕・金子千尋(30)。日本球界屈指の好投手はここまで12勝4敗、防御率1.70、177奪三振でリーグ3冠。昨年は球団からの複数年の提示を断り、単年契約を結んだ。オリックス内では、「金子が来年の海外FA権取得を待ってメジャー挑戦するとなれば来季の残留もあるだろうが、国内移籍となれば引き留めは難しい」との声もあり、投手補強を目指す巨人、阪神を筆頭に国内の多数の球団、そしてメジャーも注目している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事