坂本、村田への仕打ち? ア軍中島「巨人入り」の仰天情報

公開日: 更新日:

「日本に戻ってくるのなら、巨人とみている。なにしろ両者には強固なパイプがあるからね」

 在阪パ球団の編成担当がこう言った。

 このパ球団の補強ポイントは強打の内野手。米マイナーリーグに所属する複数の中南米出身の格安選手をリストアップする一方で中島裕之(31)の調査も行った。西武の主砲として11年間で打率・302、162本塁打、738打点の実績を誇る、あの中島である。

 12年オフに海外FA権を行使してアスレチックスに入団。総額650万ドル(約6億5000万円)の2年契約プラス出来高という好条件を手にしたが、しかし、1年目の昨季は左太ももの故障もあって、一度もメジャーに昇格できなかった。

「昨年8月にメジャー昇格の前提となる40人枠からも外された中島は、今季も3Aで開幕を迎え、今は2Aにまで降格している。アスレチックスとの契約は3年。成績にかかわらず、年俸が自動的に5億5000万円にまで跳ね上がる3年目は、契約を更新するか破棄するかの選択権を球団が持っている。当然、今のままではアスレチックスがオプションを行使するはずもなく、今季終了後に中島との契約を破棄する可能性が極めて高い。本人にはこのまま日本には帰れないという気持ちが強いようだが、来年7月には33歳になる中島に興味を示すメジャー球団はなかろう、ということで獲得の可能性を探っていたのですが…」(前出のパ球団編成担当)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  4. 4

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  9. 9

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  10. 10

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

もっと見る