阪神和田監督の評価急落…囁かれはじめた岡田彰布氏“再登板”

公開日: 更新日:

「本当に続投が白紙になったら、あの人しかおらんやろうな」

 複数のスポーツ紙が和田監督続投白紙を報じた9日、阪神の周辺からはこんな声が漏れ始めた。

 ちょっと負けが込むと球団の方針がコロッと変わるというのであれば、いかにもこのチームらしいと言えなくもないが、冒頭の「あの人」とは、阪神元監督の岡田彰布氏(56)のことらしい。

「球団としては和田監督を続投させるのが基本路線。しかし、8月下旬の広島戦から5カードを消化して勝ち越しは1回。勝負どころとみられていた9日の巨人戦も、エースのメッセンジャーを立ててボロ負け。逆転優勝はますます遠のいた。2年連続の『9月急降下』にファンはあきれている。当然、和田続投には納得せず、こういう試合をしてしまうチームの改革ができる人物を、というムードになる。とはいえ、掛布育成&打撃コーディネーターは借金問題で大変らしいし、ファン人気の高い金本や矢野といった若手OBも引退後は入閣さえしていない。平田二軍監督らも候補に挙がるだろうが、チームの改革者としては、04年から5年間監督を務め、優勝1回、Aクラス4度の実績がある岡田氏に託す、という選択肢も出てくると思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  3. 3

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  4. 4

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  5. 5

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  8. 8

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    どうする渋野 来季米ツアー切符「3つの方法」はすべて難関

もっと見る