阪神和田監督の評価急落…囁かれはじめた岡田彰布氏“再登板”

公開日:  更新日:

「本当に続投が白紙になったら、あの人しかおらんやろうな」

 複数のスポーツ紙が和田監督続投白紙を報じた9日、阪神の周辺からはこんな声が漏れ始めた。

 ちょっと負けが込むと球団の方針がコロッと変わるというのであれば、いかにもこのチームらしいと言えなくもないが、冒頭の「あの人」とは、阪神元監督の岡田彰布氏(56)のことらしい。

「球団としては和田監督を続投させるのが基本路線。しかし、8月下旬の広島戦から5カードを消化して勝ち越しは1回。勝負どころとみられていた9日の巨人戦も、エースのメッセンジャーを立ててボロ負け。逆転優勝はますます遠のいた。2年連続の『9月急降下』にファンはあきれている。当然、和田続投には納得せず、こういう試合をしてしまうチームの改革ができる人物を、というムードになる。とはいえ、掛布育成&打撃コーディネーターは借金問題で大変らしいし、ファン人気の高い金本や矢野といった若手OBも引退後は入閣さえしていない。平田二軍監督らも候補に挙がるだろうが、チームの改革者としては、04年から5年間監督を務め、優勝1回、Aクラス4度の実績がある岡田氏に託す、という選択肢も出てくると思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る