阪神和田監督の評価急落…囁かれはじめた岡田彰布氏“再登板”

公開日: 更新日:

「本当に続投が白紙になったら、あの人しかおらんやろうな」

 複数のスポーツ紙が和田監督続投白紙を報じた9日、阪神の周辺からはこんな声が漏れ始めた。

 ちょっと負けが込むと球団の方針がコロッと変わるというのであれば、いかにもこのチームらしいと言えなくもないが、冒頭の「あの人」とは、阪神元監督の岡田彰布氏(56)のことらしい。

「球団としては和田監督を続投させるのが基本路線。しかし、8月下旬の広島戦から5カードを消化して勝ち越しは1回。勝負どころとみられていた9日の巨人戦も、エースのメッセンジャーを立ててボロ負け。逆転優勝はますます遠のいた。2年連続の『9月急降下』にファンはあきれている。当然、和田続投には納得せず、こういう試合をしてしまうチームの改革ができる人物を、というムードになる。とはいえ、掛布育成&打撃コーディネーターは借金問題で大変らしいし、ファン人気の高い金本や矢野といった若手OBも引退後は入閣さえしていない。平田二軍監督らも候補に挙がるだろうが、チームの改革者としては、04年から5年間監督を務め、優勝1回、Aクラス4度の実績がある岡田氏に託す、という選択肢も出てくると思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

  4. 4
    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

  5. 5
    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

  1. 6
    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

  2. 7
    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

  3. 8
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 9
    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

  5. 10
    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声

    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声