• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

阪神お決まりの“9月病”発症でザワつきはじめた「外野」

「残念で仕方がないですよ。次の巨人戦で首位奪取してくれたら、と思っていたんですがねぇ……」

 こう嘆くのは、阪神ファンの宮本勝浩氏(関大大学院教授)。

「近年は9月になると絵に描いたように失速しますもんね。去年、今年は一時は優勝争いをしていましたが、ここ一番という時に勝てないのも同じ。長丁場を戦う体力、気力が足りないんじゃないか。優勝が絶望的になった今は、何とかCSに出られるようにチームを立て直してほしい。急降下してBクラスに転落しようものなら、目も当てられませんよ」

 宮本氏の嘆きもわかる。

 7日の中日戦は、ドラ1新人の岩貞が7回2失点と粘りの投球を見せたが、打線は6安打完封負け。六回には4番のゴメスがストライクの判定に激高して侮辱行為をはたらき退場処分となるなど、後味悪い敗戦でこの正念場に今季初の同一カード3連敗である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る