阪神お決まりの“9月病”発症でザワつきはじめた「外野」

公開日: 更新日:

「残念で仕方がないですよ。次の巨人戦で首位奪取してくれたら、と思っていたんですがねぇ……」

 こう嘆くのは、阪神ファンの宮本勝浩氏(関大大学院教授)。

「近年は9月になると絵に描いたように失速しますもんね。去年、今年は一時は優勝争いをしていましたが、ここ一番という時に勝てないのも同じ。長丁場を戦う体力、気力が足りないんじゃないか。優勝が絶望的になった今は、何とかCSに出られるようにチームを立て直してほしい。急降下してBクラスに転落しようものなら、目も当てられませんよ」

 宮本氏の嘆きもわかる。

 7日の中日戦は、ドラ1新人の岩貞が7回2失点と粘りの投球を見せたが、打線は6安打完封負け。六回には4番のゴメスがストライクの判定に激高して侮辱行為をはたらき退場処分となるなど、後味悪い敗戦でこの正念場に今季初の同一カード3連敗である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  8. 8

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  9. 9

    今度は全柔連のパワハラ隠蔽疑惑 山下会長の無責任な対応

  10. 10

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

もっと見る