阪神お決まりの“9月病”発症でザワつきはじめた「外野」

公開日:  更新日:

「残念で仕方がないですよ。次の巨人戦で首位奪取してくれたら、と思っていたんですがねぇ……」

 こう嘆くのは、阪神ファンの宮本勝浩氏(関大大学院教授)。

「近年は9月になると絵に描いたように失速しますもんね。去年、今年は一時は優勝争いをしていましたが、ここ一番という時に勝てないのも同じ。長丁場を戦う体力、気力が足りないんじゃないか。優勝が絶望的になった今は、何とかCSに出られるようにチームを立て直してほしい。急降下してBクラスに転落しようものなら、目も当てられませんよ」

 宮本氏の嘆きもわかる。

 7日の中日戦は、ドラ1新人の岩貞が7回2失点と粘りの投球を見せたが、打線は6安打完封負け。六回には4番のゴメスがストライクの判定に激高して侮辱行為をはたらき退場処分となるなど、後味悪い敗戦でこの正念場に今季初の同一カード3連敗である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る