日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

和田監督「続投報道」から連続負け越し 阪神はなぜ乗れない?

 阪神は夏のロードが終わって迎えたヤクルト戦に連敗。2位広島とは1・5ゲーム差に広がった。

 その前の巨人3連戦の途中に和田監督の続投報道がスポーツ紙に載った。それがナインの戦意に影響しているのかどうかは定かではないが、近年、阪神に優勝をもたらした星野、岡田両監督と和田監督とでは決定的に違うところがある。

 05年優勝の岡田監督には、チーム内に「信奉者」がゾロゾロいた。鳥谷、赤星、今岡、関本、藤川、藤本といった連中だ。左手を骨折しても試合に出ろといわれた金本も岡田監督を慕っていた。

「星野時代もそうです」というのは、在阪スポーツ紙の記者だ。

「選手会長の桧山がキャンプ初日に『オヤジを胴上げしよう』といったのが、象徴的です。野村監督に干されていた今岡も星野監督に目をかけてもらって奮起。星野監督に口説かれて阪神にFA移籍した金本も目の色を変えていた。あれほど一丸となって戦ったチームはこの10年見たことがない。そういう選手の気持ちは、ここぞというときのパワーになるが、今はどうですかね。もちろんみんな優勝をめざしてやってはいますが、監督に対する気持ちとは関係ない。それは真弓監督時代も同じでしたね」

 和田監督は「何度も言うけど、これから、これから」と、勝負と位置付ける9月に首位取りを狙う気だが、5・5ゲーム差に迫ってきた4位DeNAの足音を気にする9月にならなければいいが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事