和田監督「続投報道」から連続負け越し 阪神はなぜ乗れない?

公開日:  更新日:

 阪神は夏のロードが終わって迎えたヤクルト戦に連敗。2位広島とは1・5ゲーム差に広がった。

 その前の巨人3連戦の途中に和田監督の続投報道がスポーツ紙に載った。それがナインの戦意に影響しているのかどうかは定かではないが、近年、阪神に優勝をもたらした星野、岡田両監督と和田監督とでは決定的に違うところがある。

 05年優勝の岡田監督には、チーム内に「信奉者」がゾロゾロいた。鳥谷、赤星、今岡、関本、藤川、藤本といった連中だ。左手を骨折しても試合に出ろといわれた金本も岡田監督を慕っていた。

「星野時代もそうです」というのは、在阪スポーツ紙の記者だ。

「選手会長の桧山がキャンプ初日に『オヤジを胴上げしよう』といったのが、象徴的です。野村監督に干されていた今岡も星野監督に目をかけてもらって奮起。星野監督に口説かれて阪神にFA移籍した金本も目の色を変えていた。あれほど一丸となって戦ったチームはこの10年見たことがない。そういう選手の気持ちは、ここぞというときのパワーになるが、今はどうですかね。もちろんみんな優勝をめざしてやってはいますが、監督に対する気持ちとは関係ない。それは真弓監督時代も同じでしたね」

 和田監督は「何度も言うけど、これから、これから」と、勝負と位置付ける9月に首位取りを狙う気だが、5・5ゲーム差に迫ってきた4位DeNAの足音を気にする9月にならなければいいが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る