• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

吉井理人氏がマー君復帰戦分析 「まだベストフォーム模索中」 

 故障前と比べて、フォームそのものに大きな変化は見られなかった。早めにトップをつくっていたのは、肘への負担を軽減しようという意図だろう。復帰初戦ということを考えれば、腕は振れていた。

 ただ、フォロースルーをしっかり取ろうとするあまり、投げるときに体が開いていた。そのためフォームのバランスが崩れ、左右のコントロールがバラついた。

 左右のコースに関していえば、狙ったところへ投げられなかった割合の方が多かったのではないか。

■初戦から低めに集められたのは評価

 ツーシームが左右にブレたのも、スプリットがシュート気味に落ちていたのも、フォーム全体のバランスが悪かったから。二回、川崎に打たれた右翼への二塁打も、ツーシームが真ん中に入ったものだ。

 それでも1失点に抑えたのは高低のコントロールを間違えなかったことが大きい。勝負球のスプリットも低めにコントロールされていた。肝心な場面で高低のコントロールをミスしないのは、投手にとって重要だ。復帰初戦から勝負どころでボールを低めに集められたのは評価できる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る