吉井理人氏がマー君復帰戦分析 「まだベストフォーム模索中」 

公開日: 更新日:

 故障前と比べて、フォームそのものに大きな変化は見られなかった。早めにトップをつくっていたのは、肘への負担を軽減しようという意図だろう。復帰初戦ということを考えれば、腕は振れていた。

 ただ、フォロースルーをしっかり取ろうとするあまり、投げるときに体が開いていた。そのためフォームのバランスが崩れ、左右のコントロールがバラついた。

 左右のコースに関していえば、狙ったところへ投げられなかった割合の方が多かったのではないか。

■初戦から低めに集められたのは評価

 ツーシームが左右にブレたのも、スプリットがシュート気味に落ちていたのも、フォーム全体のバランスが悪かったから。二回、川崎に打たれた右翼への二塁打も、ツーシームが真ん中に入ったものだ。

 それでも1失点に抑えたのは高低のコントロールを間違えなかったことが大きい。勝負球のスプリットも低めにコントロールされていた。肝心な場面で高低のコントロールをミスしないのは、投手にとって重要だ。復帰初戦から勝負どころでボールを低めに集められたのは評価できる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る