吉井理人氏がマー君復帰戦分析 「まだベストフォーム模索中」 

公開日:  更新日:

 故障前と比べて、フォームそのものに大きな変化は見られなかった。早めにトップをつくっていたのは、肘への負担を軽減しようという意図だろう。復帰初戦ということを考えれば、腕は振れていた。

 ただ、フォロースルーをしっかり取ろうとするあまり、投げるときに体が開いていた。そのためフォームのバランスが崩れ、左右のコントロールがバラついた。

 左右のコースに関していえば、狙ったところへ投げられなかった割合の方が多かったのではないか。

■初戦から低めに集められたのは評価

 ツーシームが左右にブレたのも、スプリットがシュート気味に落ちていたのも、フォーム全体のバランスが悪かったから。二回、川崎に打たれた右翼への二塁打も、ツーシームが真ん中に入ったものだ。

 それでも1失点に抑えたのは高低のコントロールを間違えなかったことが大きい。勝負球のスプリットも低めにコントロールされていた。肝心な場面で高低のコントロールをミスしないのは、投手にとって重要だ。復帰初戦から勝負どころでボールを低めに集められたのは評価できる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る