マー君復帰戦飾り13勝目 「故障前に近い」と指揮官合格点

公開日: 更新日:

 指揮官も本人も納得する内容だった。

 右肘靱帯部分断裂で故障者リスト(DL)入りしていたヤンキース・田中将大(25)が21日(日本時間22日)のブルージェイズ戦でメジャー復帰。5回3分の1を5安打1失点、4奪三振、1死球で13勝目(4敗)をあげた。

 右肘の痛みを訴えた7月8日のインディアンス戦以来、75日ぶりとなるメジャーのマウンドにも不安を感じさせなかった。

 立ち上がり、いきなりレイエス、ボーティスタにいずれも甘く入ったツーシームを連打され先制を許した。二回1死後、川崎にこの日唯一の長打となる二塁打を右中間に浴び、2死三塁のピンチを迎えるも、これでスイッチが入った。8番ゴーインスにはカウント1ボールからスプリットを4球続けて最後はバットに空を切らせた。

 マウンドで患部を気にするようなそぶりは見せず「(肘の不安は)投げ始めに比べたら(回を)重ねていくごとになくなっていった」(田中)というように、球威は徐々に増し、五回には最速93マイル(約150キロ)をマーク。予定通り70球で降板したものの、全ての球種を投げるなど「次は心配するという部分は軽減すると思う」と順調な回復ぶりを口にした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る