古巣幹部が“意味深発言” イチロー「オリックス復帰」に現実味

公開日:  更新日:

「金子と平野がいなくなる? チームは大丈夫かって? 戦力的にはそうかもしれないが、その年俸分を使って、大物を招聘することだって可能になるわけだから。仮に2人が移籍したとしても、悪いことばかりじゃないんだよ」

 今月上旬、オリックスの幹部に、今オフFA移籍が濃厚といわれるエース・金子千尋(30)と守護神・平野佳寿(30)が抜けた場合の来季チーム構想について直撃すると、こんな答えが返ってきた。

 毎年確実に2ケタ勝利が期待できるチームの大黒柱と150キロ超えの直球を武器に力でねじ伏せる豪腕ストッパーが移籍となれば、チームは大きなダメージを受ける。

 しかし、オリックスのフロント幹部は悲観していない。金子は年俸2億円で、平野は1億9000万円。2人合わせた年俸分の3億9000万円を使って、「大物を招聘することだって可能」とソロバンをはじいているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る