更改交渉長期化も…オリックス金子が単年契約を譲らない理由

公開日:  更新日:

 オリックス・金子千尋(30)が契約交渉で揉めている。
 9日、1回目の交渉に臨み、「いろいろと(条件を)提案されたので」と結論を保留。話し合いは物別れに終わった。

 プロ9年目の今シーズンは奪三振王のタイトルを獲得。楽天・田中に次ぐリーグ2位の15勝をマークした。このまま順調にいけば来オフにも国内FA権を取得する可能性がある。球団はエース流出を防ぐため、3~4年の複数年契約を提示したようだが、本人は単年を主張しているもよう。交渉の長期化も懸念されている。

 金子が複数年契約を拒む背景には、球団への不信感があるといわれる。
 ケガで長期離脱した12年シーズンを除き、過去6年で5度2ケタ勝利を挙げている。にもかかわらず、年俸は1億2000万円。トヨタ自動車時代の後輩で、自らライバル視する中日の吉見(年俸1億7400万円)や巨人のエース内海(4億円)、広島の前田健(2億1000万円)らと比較しても割安だ。本人はこの待遇に納得がいかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る