• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

更改交渉長期化も…オリックス金子が単年契約を譲らない理由

 オリックス・金子千尋(30)が契約交渉で揉めている。
 9日、1回目の交渉に臨み、「いろいろと(条件を)提案されたので」と結論を保留。話し合いは物別れに終わった。

 プロ9年目の今シーズンは奪三振王のタイトルを獲得。楽天・田中に次ぐリーグ2位の15勝をマークした。このまま順調にいけば来オフにも国内FA権を取得する可能性がある。球団はエース流出を防ぐため、3~4年の複数年契約を提示したようだが、本人は単年を主張しているもよう。交渉の長期化も懸念されている。

 金子が複数年契約を拒む背景には、球団への不信感があるといわれる。
 ケガで長期離脱した12年シーズンを除き、過去6年で5度2ケタ勝利を挙げている。にもかかわらず、年俸は1億2000万円。トヨタ自動車時代の後輩で、自らライバル視する中日の吉見(年俸1億7400万円)や巨人のエース内海(4億円)、広島の前田健(2億1000万円)らと比較しても割安だ。本人はこの待遇に納得がいかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る