更改交渉長期化も…オリックス金子が単年契約を譲らない理由

公開日: 更新日:

 オリックス・金子千尋(30)が契約交渉で揉めている。
 9日、1回目の交渉に臨み、「いろいろと(条件を)提案されたので」と結論を保留。話し合いは物別れに終わった。

 プロ9年目の今シーズンは奪三振王のタイトルを獲得。楽天・田中に次ぐリーグ2位の15勝をマークした。このまま順調にいけば来オフにも国内FA権を取得する可能性がある。球団はエース流出を防ぐため、3~4年の複数年契約を提示したようだが、本人は単年を主張しているもよう。交渉の長期化も懸念されている。

 金子が複数年契約を拒む背景には、球団への不信感があるといわれる。
 ケガで長期離脱した12年シーズンを除き、過去6年で5度2ケタ勝利を挙げている。にもかかわらず、年俸は1億2000万円。トヨタ自動車時代の後輩で、自らライバル視する中日の吉見(年俸1億7400万円)や巨人のエース内海(4億円)、広島の前田健(2億1000万円)らと比較しても割安だ。本人はこの待遇に納得がいかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  2. 2

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  3. 3

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  4. 4

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  5. 5

    復帰のめど立たず 休演を予測させた最後の「海老蔵歌舞伎」

  6. 6

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  7. 7

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  8. 8

    戦略的投票で改憲勢力3分の2を阻止 国の命運握る17選挙区

  9. 9

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  10. 10

    闇営業で宮迫博之が消えたら後釜に座りそうな芸人は誰か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る