金子、山井のW獲りも…巨人3連覇で始まるV10強欲補強

公開日:  更新日:

 リーグ3連覇を達成して、白石興二郎オーナー(68)も上機嫌だった。

「MVPに相当するのは原監督。苦しい中で最適の用兵、人員配置、打撃のベスト10の中にひとりもいない中、巨人に課せられた責任を果たした」

 と、采配を絶賛。「続投は当然でしょう」とお墨付きを与えた。白石オーナーは「V9を超えるV10を目指す」というのが就任以来の口癖。原監督も思いは一緒だから、今オフも補強に動く。

 FAの大本命はオリックス金子千尋(30)。現在15勝5敗、防御率1.91で投手部門のタイトルを総なめしそうな日本球界のエースだ。巨人の球団関係者は「FAの超目玉。調査するのは当たり前。もし宣言すれば、間違いなく手を挙げるでしょう。競争相手が阪神だろうが、どこだろうが、ぜひ欲しい絶対的エース」と自信を見せる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る