獲得狙う巨人と阪神には厄介なオリ金子の“メディア嫌い”

公開日:  更新日:

 オリックスの金子千尋(30)が10日の楽天戦で圧巻の投球を見せた。多彩な変化球で相手打線を翻弄し、5安打無四球の完封勝利。わずか101球の独り舞台でリーグ単独トップの13勝目を挙げた。

「昨日、一昨日と(サヨナラ負けが続き)嫌な負け方をしていたので。流れを切るという意味ではいい勝ち方ができた」

 試合後に淡々と話したエースは、8月末に国内FA権を取得。オフは複数球団による争奪戦が必至だが、本命といわれる巨人や阪神にとっては厄介なことがある。金子は極度の「メディア嫌い」なのだ。

 普段から口数が少ない金子は典型的な「孤高」タイプ。グラウンドでは常に野球に集中したいのか、人を寄せ付けない「オーラ」を漂わせ、登板後の囲み取材以外は基本的に余計なことは話さない。報道陣に囲まれるだけで、嫌な顔をすることもある。親しいナイン以外とは同僚選手とすらあまり口を利かない。その一方、自身のブログではプライベートを明かすこともしばしば。とにかく、マイペースを徹底的に貫く男なのである。

「資金が豊富で、かつ、自分のスタイルを崩さずに野球に集中できる球団」とチーム内ではウワサされる金子の移籍先。四六時中、ヤマほどの記者がチームに張り付いている巨人と阪神は、さて……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る