獲得狙う巨人と阪神には厄介なオリ金子の“メディア嫌い”

公開日: 更新日:

 オリックス金子千尋(30)が10日の楽天戦で圧巻の投球を見せた。多彩な変化球で相手打線を翻弄し、5安打無四球の完封勝利。わずか101球の独り舞台でリーグ単独トップの13勝目を挙げた。

「昨日、一昨日と(サヨナラ負けが続き)嫌な負け方をしていたので。流れを切るという意味ではいい勝ち方ができた」

 試合後に淡々と話したエースは、8月末に国内FA権を取得。オフは複数球団による争奪戦が必至だが、本命といわれる巨人阪神にとっては厄介なことがある。金子は極度の「メディア嫌い」なのだ。

 普段から口数が少ない金子は典型的な「孤高」タイプ。グラウンドでは常に野球に集中したいのか、人を寄せ付けない「オーラ」を漂わせ、登板後の囲み取材以外は基本的に余計なことは話さない。報道陣に囲まれるだけで、嫌な顔をすることもある。親しいナイン以外とは同僚選手とすらあまり口を利かない。その一方、自身のブログではプライベートを明かすこともしばしば。とにかく、マイペースを徹底的に貫く男なのである。

「資金が豊富で、かつ、自分のスタイルを崩さずに野球に集中できる球団」とチーム内ではウワサされる金子の移籍先。四六時中、ヤマほどの記者がチームに張り付いている巨人と阪神は、さて……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  9. 8

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  10. 9

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  11. 10

    巨人サンチェス3回降板にブ然 原監督“怒り投手交代”の波紋

もっと見る