• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

対戦成績五分のDeNAナイン「今年の巨人は強くなかった」

「今年は巨人が絶対的に強かったというより、ウチを含めた他球団が巨人を捕らえ切れなかった部分もあると思います」

 こう話すのは、DeNAのエース・久保康友(34)。26日は3-6で敗れたものの、今季の対戦成績は10勝10敗の五分。昨年の5勝18敗1分けから巻き返し、セで唯一、巨人と対等に渡り合っている。今季、巨人戦に6試合登板、3勝1敗、防御率2.31と好成績を残した久保が続ける。

――たしかに、巨人はチーム防御率(3.62)こそリーグ1位だが、チーム打率(.256)はリーグ最下位。突出した成績ではない。

「個々の選手がすごい成績を挙げたわけじゃないですからね。阿部さんが3割、30本打ったわけじゃない、内海、杉内もものすごく活躍したわけじゃない。絶対に勝てない、手も足も出ないというわけじゃないのに、この位置(首位)にいる。なんで巨人が勝てるのか、これは僕らがしっかり考えて、見習わないといけないと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  3. 3

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  7. 7

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  8. 8

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  9. 9

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る