対戦成績五分のDeNAナイン「今年の巨人は強くなかった」

公開日:  更新日:

「今年は巨人が絶対的に強かったというより、ウチを含めた他球団が巨人を捕らえ切れなかった部分もあると思います」

 こう話すのは、DeNAのエース・久保康友(34)。26日は3-6で敗れたものの、今季の対戦成績は10勝10敗の五分。昨年の5勝18敗1分けから巻き返し、セで唯一、巨人と対等に渡り合っている。今季、巨人戦に6試合登板、3勝1敗、防御率2.31と好成績を残した久保が続ける。

――たしかに、巨人はチーム防御率(3.62)こそリーグ1位だが、チーム打率(.256)はリーグ最下位。突出した成績ではない。

「個々の選手がすごい成績を挙げたわけじゃないですからね。阿部さんが3割、30本打ったわけじゃない、内海、杉内もものすごく活躍したわけじゃない。絶対に勝てない、手も足も出ないというわけじゃないのに、この位置(首位)にいる。なんで巨人が勝てるのか、これは僕らがしっかり考えて、見習わないといけないと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  3. 3

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  8. 8

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

もっと見る