日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

オ軍最多16勝で地区優勝貢献 元中日左腕チェンの処世術

 元中日のオリオールズのチェン(29)がタイガースとの地区シリーズ第2戦に先発。リーグを代表する強力打線を相手に3回3分の2を7安打5失点。2本塁打を浴びて早々と降板したが、打線が八回、3点差をひっくり返してチームは7-6で勝利。2連勝でリーグチャンピオンシップ進出に王手をかけた。

 今季は31試合に登板し、チーム最多の16勝(6敗、防御率3.54)をマーク。メジャー3年目にして初めて年間を通じてローテーションを守り、チームの17年ぶりの地区優勝に貢献した。

 今季好調の要因を本人は「頭を使って考えて投げるようになったこと」「マウンドやボールに慣れたこと」の2つを挙げているが、それだけではない。チェンの性格も今季の飛躍につながった。

■トライリンガル生かしコミュニケーション

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事