日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メジャーで活躍 元中日チェンのFAが日本人投手に重大影響

 台湾人左腕が好調だ。今やオリオールズのエース格にまで上り詰めた元中日のチェン(29)だ。

 今季ここまで26試合に登板し14勝4敗、防御率3.83。97年以来17年ぶりの地区優勝を狙うア・リーグ東地区首位のチームを牽引。勝ち星はリーグトップの15勝のタイガース・ポーセロら4人を1勝差で追っており、メジャー3年目にして最多勝取りも可能な位置に付けている。

 今季好調の要因はメジャー公認球に慣れて制球が安定したことに加え、「捕手に頼らず、自分で配球を考えるようになった」と話すチェン。今オフにはFAとなる。メジャーでも貴重な先発左腕だけに、争奪戦に発展するのは必至だ。昨年、新たに代理人契約を交わした敏腕のスコット・ボラス氏が各球団に大型契約を要求することが予想され、交渉が長期化する可能性もある。このチェンの交渉の行方が日本人投手にも影響を及ぼしかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事