メジャーで活躍 元中日チェンのFAが日本人投手に重大影響

公開日:  更新日:

 台湾人左腕が好調だ。今やオリオールズのエース格にまで上り詰めた元中日のチェン(29)だ。

 今季ここまで26試合に登板し14勝4敗、防御率3.83。97年以来17年ぶりの地区優勝を狙うア・リーグ東地区首位のチームを牽引。勝ち星はリーグトップの15勝のタイガース・ポーセロら4人を1勝差で追っており、メジャー3年目にして最多勝取りも可能な位置に付けている。

 今季好調の要因はメジャー公認球に慣れて制球が安定したことに加え、「捕手に頼らず、自分で配球を考えるようになった」と話すチェン。今オフにはFAとなる。メジャーでも貴重な先発左腕だけに、争奪戦に発展するのは必至だ。昨年、新たに代理人契約を交わした敏腕のスコット・ボラス氏が各球団に大型契約を要求することが予想され、交渉が長期化する可能性もある。このチェンの交渉の行方が日本人投手にも影響を及ぼしかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る