メジャーで活躍 元中日チェンのFAが日本人投手に重大影響

公開日:  更新日:

 台湾人左腕が好調だ。今やオリオールズのエース格にまで上り詰めた元中日のチェン(29)だ。

 今季ここまで26試合に登板し14勝4敗、防御率3.83。97年以来17年ぶりの地区優勝を狙うア・リーグ東地区首位のチームを牽引。勝ち星はリーグトップの15勝のタイガース・ポーセロら4人を1勝差で追っており、メジャー3年目にして最多勝取りも可能な位置に付けている。

 今季好調の要因はメジャー公認球に慣れて制球が安定したことに加え、「捕手に頼らず、自分で配球を考えるようになった」と話すチェン。今オフにはFAとなる。メジャーでも貴重な先発左腕だけに、争奪戦に発展するのは必至だ。昨年、新たに代理人契約を交わした敏腕のスコット・ボラス氏が各球団に大型契約を要求することが予想され、交渉が長期化する可能性もある。このチェンの交渉の行方が日本人投手にも影響を及ぼしかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る