日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

オリオールズ地区Vに貢献 元中日チェンの気になる来季年俸

 ここまでチーム最多の16勝(4敗)を挙げ、97年以来17年ぶりの地区優勝に貢献したのがオリオールズの左腕チェン(29=元中日)だ。

 メジャー通算84試合に登板して35勝22敗(16日現在)。今季限りで3年1138万ドル(約12億1800万円)の契約が切れる。チェンの来季年俸は一体、どれくらいまでハネ上がるのか。

 優勝チームのエースであれば年平均15億円が相場だが、チェンに関していえば事情が異なる。オリオールズと3年契約を結んでいるものの、4年目は球団側が選択権を持つオプション契約だからだ。

 球団が来季オプションを行使した場合の年俸は475万ドル(約5億900万円)。ただし、13~14年にかけて56試合以上に先発するか、360回に登板すれば、年俸は600万ドル(約6億4000万円)にアップする。 今季の出来高払いは年間30試合先発、200回登板をクリアすれば、それぞれ10万ドル(約1070万円)。表彰ボーナスはサイ・ヤング賞受賞で15万ドル(約1600万円)、同賞の投票で2位なら7万5000ドル(約800万円)、3位で5万ドル(約540万円)。仮に満額を手にしても今オフのボーナスは約3700万円だ。

 昨オフは敏腕代理人として知られるスコット・ボラス氏と契約。チェンの働きが稼ぎに反映されるのは来季以降になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事