• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

オリオールズ地区Vに貢献 元中日チェンの気になる来季年俸

 ここまでチーム最多の16勝(4敗)を挙げ、97年以来17年ぶりの地区優勝に貢献したのがオリオールズの左腕チェン(29=元中日)だ。

 メジャー通算84試合に登板して35勝22敗(16日現在)。今季限りで3年1138万ドル(約12億1800万円)の契約が切れる。チェンの来季年俸は一体、どれくらいまでハネ上がるのか。

 優勝チームのエースであれば年平均15億円が相場だが、チェンに関していえば事情が異なる。オリオールズと3年契約を結んでいるものの、4年目は球団側が選択権を持つオプション契約だからだ。

 球団が来季オプションを行使した場合の年俸は475万ドル(約5億900万円)。ただし、13~14年にかけて56試合以上に先発するか、360回に登板すれば、年俸は600万ドル(約6億4000万円)にアップする。 今季の出来高払いは年間30試合先発、200回登板をクリアすれば、それぞれ10万ドル(約1070万円)。表彰ボーナスはサイ・ヤング賞受賞で15万ドル(約1600万円)、同賞の投票で2位なら7万5000ドル(約800万円)、3位で5万ドル(約540万円)。仮に満額を手にしても今オフのボーナスは約3700万円だ。

 昨オフは敏腕代理人として知られるスコット・ボラス氏と契約。チェンの働きが稼ぎに反映されるのは来季以降になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  5. 5

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  6. 6

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  7. 7

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

  10. 10

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

もっと見る