リーグ優勝決定戦初戦で先制本塁打 ロ軍エスコバーの“女癖”

公開日: 更新日:

 ア・リーグ優勝決定シリーズのオリオールズ対ロイヤルズ第1戦は10日(日本時間11日)、ボルティモアのオリオールパークで行われ、ロイヤルズが延長10回の末、敵地での初戦を制し、プレーオフ5連勝とした。

 先制本塁打を放ったのは、ロイヤルズのアルシデス・エスコバー(27)。実はこの俊足リードオフマン、エスコバーは青木に代わって9月に1番を任されると、月間打率3割2分(100打数32安打)をマーク。青木との1、2番コンビでチームを牽引しているが、女姓にも手が早いと有名な選手だ。

 ファッションデザイナーのフランシス夫人との間に1子をもうけ、フロリダ州マイアミで幸せな家庭を築いているが、実はバツイチだ。ブルワーズ時代の08年に、かつてパイレーツなどでプレーし、2度の盗塁王を獲得したオマー・モレノの娘ルーリーさんと入籍。ルーリーさんは女の赤ちゃんを身ごもったものの、エスコバーはオフにベネズエラのウインターリーグに参加し、12月にシーズンが一度、中断した後も家族のもとに戻ることはなかった。当時のミルウォーキーの地元メディアなどによれば、ルーリーさんが妊娠してから急激に太り始めたことに嫌気がさし、今の夫人に乗り換えたのだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  8. 7

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 8

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  10. 9

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  11. 10

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

もっと見る