ロ軍首位! 貧乏球団が金満球団の鼻明かすMLB“下剋上”の理由

公開日: 更新日:

 カネでスター選手を買い漁るチームが、必ずしも勝つわけではない。やり方次第で、資金力の乏しいチームにもチャンスはある。勝つチームが毎年のようにコロコロと変わるメジャーが、今年も下克上の様相を呈してきた。

 青木宣親(32)のロイヤルズが11日(日本時間12日)、アスレチックスに勝って8連勝。タイガースが敗れたため、0・5ゲーム差でア・リーグ中地区首位に立った。翌12日(日本時間13日)には敗れ9連勝とはならなかったものの、首位はキープしている。

 ロイヤルズの開幕時の選手総年俸約92億円は30球団中19位。総年俸が下から数えた方が早いチームが、約162億円で30球団中5位のタイガースを“うっちゃって”いる。

■日本より健全なドラフト制度とFA制度

 健闘しているのはロイヤルズに限らない。特にア・リーグは、西地区首位のアスレチックスの選手総年俸が30球団中25位の約83億円。ヤンキースとレッドソックスの金満球団を尻目に東地区首位を走るオリオールズにしても、30球団中15位の約107億円だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  8. 8

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  9. 9

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  10. 10

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

もっと見る