ロ軍首位! 貧乏球団が金満球団の鼻明かすMLB“下剋上”の理由

公開日: 更新日:

 カネでスター選手を買い漁るチームが、必ずしも勝つわけではない。やり方次第で、資金力の乏しいチームにもチャンスはある。勝つチームが毎年のようにコロコロと変わるメジャーが、今年も下克上の様相を呈してきた。

 青木宣親(32)のロイヤルズが11日(日本時間12日)、アスレチックスに勝って8連勝。タイガースが敗れたため、0・5ゲーム差でア・リーグ中地区首位に立った。翌12日(日本時間13日)には敗れ9連勝とはならなかったものの、首位はキープしている。

 ロイヤルズの開幕時の選手総年俸約92億円は30球団中19位。総年俸が下から数えた方が早いチームが、約162億円で30球団中5位のタイガースを“うっちゃって”いる。

■日本より健全なドラフト制度とFA制度

 健闘しているのはロイヤルズに限らない。特にア・リーグは、西地区首位のアスレチックスの選手総年俸が30球団中25位の約83億円。ヤンキースとレッドソックスの金満球団を尻目に東地区首位を走るオリオールズにしても、30球団中15位の約107億円だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  5. 5

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  10. 10

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

もっと見る