松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

CS大惨敗のあのチームの球団納会を想像してみた

公開日:  更新日:

 今オフ、あのチームの納会というのが開かれれば荒れるだろうと思う。経営トップのジイサマがべろんべろんに酔っぱらってえらいことになると以下のごとくに想像する。

「おまえら納会だ! 正座してんじゃない、胡坐かけバカヤロウ。歴史と伝統を誇る栄光の我が軍の今シーズン納会だ。下向いてウジウジしてるんじゃない!

 まったく腹立つ。そうだハラタツ、ここへ来い! 酌しろ。納会だつってんだろが、正座するな胡坐かけバカヤロウ!

 気安すぎるんだおまえは! 本社経営トップが話してんだ。正座して聞けバカヤロウ。手なんか震えてやがるなこいつ。

 なんだあの4連敗は! つまんない試合しやがって。リーグ優勝決まってから何を準備しておったんだ。球団経営、球場使用料、すべてを計算してせめて、4勝3敗で勝ち上がれと厳命したはずだ。我が栄光の軍にはああいうウスノロピッチャーしかおらんのか!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る