松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

有象無象が群がる中…錦織圭の快挙を間違いなくあの男が利用する

公開日:  更新日:

 狂騒は次から次へと、宿便のように出てくるだろう、錦織圭全米準優勝の余波。

「子どもの頃、圭ちゃんと遊んだ」「圭ちゃんの通っていた、たこやき屋の隣に住んでいた」「誕生日に圭ちゃんがメールをくれた」

 それへ群がるテレビカメラと身の程知らずにも「報道陣」などと自称するデバガメども。

「卒業文集で圭ちゃんと同じだった」という同級生がたくさんいるのは当然としてもだ。圭ちゃんが小学生の頃、家庭教師だったという現役大学生が現れても、おまえいまだに大学生かい!と取材するテレビ局側も気付かなかったり、中学校の前にある文房具屋のおばさんが各局はしご出演して、「とってもしっかりした、芯の強い、一度決めたことは決して曲げない、口数は少なかったけど、根性のある、明るい子でした」とか、自分はものすごい口数でしゃべり散らかしたりした後、「で、謝礼は?」と交渉したりするのだ。我も我も我も我も我も我も我も行列を成して、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る