松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

有象無象が群がる中…錦織圭の快挙を間違いなくあの男が利用する

公開日: 更新日:

 狂騒は次から次へと、宿便のように出てくるだろう、錦織圭全米準優勝の余波。

「子どもの頃、圭ちゃんと遊んだ」「圭ちゃんの通っていた、たこやき屋の隣に住んでいた」「誕生日に圭ちゃんがメールをくれた」

 それへ群がるテレビカメラと身の程知らずにも「報道陣」などと自称するデバガメども。

「卒業文集で圭ちゃんと同じだった」という同級生がたくさんいるのは当然としてもだ。圭ちゃんが小学生の頃、家庭教師だったという現役大学生が現れても、おまえいまだに大学生かい!と取材するテレビ局側も気付かなかったり、中学校の前にある文房具屋のおばさんが各局はしご出演して、「とってもしっかりした、芯の強い、一度決めたことは決して曲げない、口数は少なかったけど、根性のある、明るい子でした」とか、自分はものすごい口数でしゃべり散らかしたりした後、「で、謝礼は?」と交渉したりするのだ。我も我も我も我も我も我も我も行列を成して、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る