日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

モンゴル人力士・逸ノ城の快進撃に舞い上がるNHK

「逸ノ城に始まり、逸ノ城に終わる、白鵬の31回目の優勝さえかすんでしまうような逸ノ城の活躍でした」

 千秋楽のNHKテレビ中継アナウンサーはそう言い切った。白鵬に代わってなにか新しい刺激が欲しくてたまらないところ、わざわざ場所中に逸ノ城の父親をモンゴルで取材して一緒にテレビ観戦させ、相撲留学で来日した際の鳥取の高校の相撲部員全員に中継を見せて話題にした。どうにも取って付けた感じがする。

 前日急きょ取組が決まって白鵬と対戦する直前の逸ノ城を14日目に中継したアナウンサーは、「半眼の目からは仁王像、多聞天を思い起こさせます」とも言った。

 社会科で習った鎌倉仏像だかの仁王像に比するのも少々無理があるな。逸ノ城の顔は仁王像というよりはゴツいモンゴル顔。教科書で肖像画を見たことがあるフビライハン、朝青龍と同じ騎馬民族のエラ張りデカ面。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事