松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

オリックス 楽天銀次を5敬遠も悪びれず「だから、なにか?」

公開日: 更新日:

 プロ野球最終盤、オリックスは自チームの糸井に首位打者を取らせようと本人を休ませ、打率2位で肉薄する楽天銀次を5打席四球で歩かせた。

 チームの勝利はすべて優勝のため、そのためにファンは球場に駆け付け、声を嗄らしてひいきチームを応援する。その優勝はソフトバンクで決まり、オリックスも2位が決まり、楽天はBクラスと定まった。勝つ目標がなくなったとたんに毎度おなじみの個人タイトルへの確執が足の引っ張り合いを生むのだ。

 甲子園で松井秀喜を5打席連続敬遠で歩かせた明徳義塾高校の馬淵監督が言ってのけたもんだ。

「勝つための作戦である。なにか?」

 野球は勝ってなんぼ。それが大前提にあるから勝つためには手段を選ばず。だから、なにか?

「勝つため」の目標をオリックスの森脇監督は2位が決まったことでもあるし、「ここは糸井にしっかり首位打者を取らせるため」に変えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  4. 4

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  5. 5

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  6. 6

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る