• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

楽天監督を辞任 これが「男星野」一世一代の大勝負ってか?

引き際について考える。

 一見、潔く見えた。

「病気して戦列を離れたことが許せなかったト」、「それがかなわなかったおのれを勝負師として恥じるト」。

 星野の口調はやたら助詞の「ト」で止める癖がある。

「戦いの一線に出てこそ男ト!」

 地道に歩みを進めてへりくだればよいものを、「ト」と打ち捨ててみなまで言わせるなと見えを張る。「歩」から「ト」へ裏返る「成り金」男の言い草がどうにも鼻につく。星野がこだわる男勝負師のカビ臭さ。

 国政だって、人口の半数以上の女性の心を掴めば大量得票と見越したバカトップも突然女性活躍を言い出す時代、都議会じゃカビの生えた男議員が性懲りもなく「平場じゃ結婚しないの、とぼくだって言う」などとコイて袋叩きに遭う時代に、一貫して「男男男」を振りかざす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  7. 7

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  10. 10

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

もっと見る