松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

とうとう自力2位まで消滅…あのチームのあの監督の本音を代弁してみた

公開日: 更新日:

 ペナントレース終盤、セ・リーグ3位のチームの監督にしてみれば、裏で言いたいことは山のようにあるだろうといたく同情している。チームの調子が上向きだと来シーズンも任せると言いふらし、少々負けが込むと監督人事は白紙と手のひらを返す。CSに出ようってチームの経営トップが、きな臭い人事の噂をまき散らすのは見苦しい。

 一本気で野球一筋。阪神生え抜きにして千葉出身。連れ合いは元客室乗務員。息子も野球の虫。実にその、野球人として……王道を歩いているじゃないか! 野球以外に取りえもなさそうだ。上司に取り入ってちょいとたいこ持ちみたいな真似も苦手と見えるし、酒も弱そう。実は大酒飲みだったりするかもしれぬが、それならそれで、以下の愚痴も現実味を帯びる。

「酔っぱらってますよ。これが飲まずにいられるかってんだバキヤロウ。全部監督であるオレの責任です。選手ではありません。就任会見で言いましたよ。少しのスパイスで優勝争いできます! 少しのスパイスが福留と西岡だったの。それがスッパイスたの。いい選手だよ。監督とは激突しないけど、守備で激突しちゃったんだよ。オレが捕る~っ! オレがオレがオレがぁぁぁぁっ!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    錦織圭やはり問われる「チーム体制」万年8強止まりの元凶

  3. 3

    花嫁の逆襲 私の結婚式を台無しにしたあの女が許せない!

  4. 4

    損しないために“ねんきん定期便”確認すべき3つのポイント

  5. 5

    若林ドン引き オードリー春日「浮気謝罪で100万円」の性根

  6. 6

    広瀬すずvs永野芽郁 NHK朝ドラの次は映画で対決か?

  7. 7

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  8. 8

    交流戦で打率急降下…G坂本が迫られる「本塁打か安打か」

  9. 9

    オードリー春日の浮気発覚 人間の性根は簡単に変わらない

  10. 10

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る