日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

とうとう自力2位まで消滅…あのチームのあの監督の本音を代弁してみた

 ペナントレース終盤、セ・リーグ3位のチームの監督にしてみれば、裏で言いたいことは山のようにあるだろうといたく同情している。チームの調子が上向きだと来シーズンも任せると言いふらし、少々負けが込むと監督人事は白紙と手のひらを返す。CSに出ようってチームの経営トップが、きな臭い人事の噂をまき散らすのは見苦しい。

 一本気で野球一筋。阪神生え抜きにして千葉出身。連れ合いは元客室乗務員。息子も野球の虫。実にその、野球人として……王道を歩いているじゃないか! 野球以外に取りえもなさそうだ。上司に取り入ってちょいとたいこ持ちみたいな真似も苦手と見えるし、酒も弱そう。実は大酒飲みだったりするかもしれぬが、それならそれで、以下の愚痴も現実味を帯びる。

「酔っぱらってますよ。これが飲まずにいられるかってんだバキヤロウ。全部監督であるオレの責任です。選手ではありません。就任会見で言いましたよ。少しのスパイスで優勝争いできます! 少しのスパイスが福留と西岡だったの。それがスッパイスたの。いい選手だよ。監督とは激突しないけど、守備で激突しちゃったんだよ。オレが捕る~っ! オレがオレがオレがぁぁぁぁっ!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事