いまやSBエース “ダメンズ”大隣を覚醒させた「内助の功」

公開日:  更新日:

「大隣? そこらのあんちゃんと変わらんよ。ありゃダメだ」

 球団内でそう言われていたのも、今は昔だ。

 2戦目の先発が濃厚といわれているソフトバンクの大隣憲司(29)。昨季は国指定の難病である「黄色靱帯骨化症」を患い、一時期は選手生命が危ぶまれるも、手術とリハビリで今季7月に復帰。CSでは先発した2試合で好投し、日本シリーズ出場の立役者となった。

 そんな大隣も、かつては手のつけようがないちゃらんぽらんな選手として知られていた。近大時代はサイズの合わないスパイクを履き続けて故障。06年希望枠で入団した1年目にはキャンプ直前に寮の階段を踏み外し、足と腰を痛めた。08年は11勝(8敗)を挙げるも、その後は鳴かず飛ばずだった。

■11年オフにタレントと結婚

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る