いまやSBエース “ダメンズ”大隣を覚醒させた「内助の功」

公開日: 更新日:

「大隣? そこらのあんちゃんと変わらんよ。ありゃダメだ」

 球団内でそう言われていたのも、今は昔だ。

 2戦目の先発が濃厚といわれているソフトバンクの大隣憲司(29)。昨季は国指定の難病である「黄色靱帯骨化症」を患い、一時期は選手生命が危ぶまれるも、手術とリハビリで今季7月に復帰。CSでは先発した2試合で好投し、日本シリーズ出場の立役者となった。

 そんな大隣も、かつては手のつけようがないちゃらんぽらんな選手として知られていた。近大時代はサイズの合わないスパイクを履き続けて故障。06年希望枠で入団した1年目にはキャンプ直前に寮の階段を踏み外し、足と腰を痛めた。08年は11勝(8敗)を挙げるも、その後は鳴かず飛ばずだった。

■11年オフにタレントと結婚

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  6. 6

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  7. 7

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  8. 8

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 9

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る