いまやSBエース “ダメンズ”大隣を覚醒させた「内助の功」

公開日:  更新日:

「大隣? そこらのあんちゃんと変わらんよ。ありゃダメだ」

 球団内でそう言われていたのも、今は昔だ。

 2戦目の先発が濃厚といわれているソフトバンクの大隣憲司(29)。昨季は国指定の難病である「黄色靱帯骨化症」を患い、一時期は選手生命が危ぶまれるも、手術とリハビリで今季7月に復帰。CSでは先発した2試合で好投し、日本シリーズ出場の立役者となった。

 そんな大隣も、かつては手のつけようがないちゃらんぽらんな選手として知られていた。近大時代はサイズの合わないスパイクを履き続けて故障。06年希望枠で入団した1年目にはキャンプ直前に寮の階段を踏み外し、足と腰を痛めた。08年は11勝(8敗)を挙げるも、その後は鳴かず飛ばずだった。

■11年オフにタレントと結婚

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る