日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ソフトB工藤新監督なら就任“ご祝儀”は大物A.ソリアーノ

 日本シリーズ終了後に正式発表されるというソフトバンクの工藤新監督(51)。新米指揮官への補強第1号と噂されているのが、元ヤンキースのアルフォンソ・ソリアーノ(38=外野手)だ。

 広島が運営するドミニカ共和国のカープアカデミー出身で、メジャーではシーズン30本塁打が7回。シルバースラッガーにも4度輝き、球宴にも7回選ばれたことがある。ある代理人筋が言う。

「7月にヤンキースをクビになったのは、費用対効果が合わなかったからです。ソリアーノは06年にカブスと8年総額1億3600万ドル(約136億円)で契約。1年あたり17億円の年俸になる。ヤンキースはその契約を引き継ぐも、最終年の今季は67試合で打率・221、6本塁打。登録枠を1つ空けたかったこともあり、戦力外となった。全盛期に比べると衰えは隠せないものの、日本でプレーするなら25~30本のホームランは期待できる。大きなケガがないのもポイントが高い」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事