130m満塁弾で話題 SB柳田悠岐は王会長が惚れた“逸材”

公開日:  更新日:

「このみなさ……たくさんの皆さんを喜ばせたいという思いで打席に入りました。サイコーでしたあ!」

 初々しさの残るヒーローインタビューに、満員御礼のヤフオクドームがどっと沸いた。27日の西武戦は「7番・中堅」でスタメン出場。初回に満塁で打席が回ってくると、西武先発レイノルズの初球をフルスイング。角度がつきすぎて外野フライかと思われたのもつかの間、打球は落ちずにグングン伸びてバックスクリーン右へ。推定130メートルという特大満塁弾となった。六回にも適時打を放ち、4打数3安打5打点と固め打ちをした。

■鶴の一声で獲得決定

 広島経済大から10年のドラフト2位で入団。広島六大学リーグで4度の首位打者を獲得し、走れば50メートル5秒9、遠投125メートルの強肩と、走攻守3拍子揃った選手として知られていた。球団関係者が「当時は柳田以外にも数人、2位候補がいた」とこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る