ロイヤルズ逆大手 青木はWS「初安打初打点」でようやく貢献

公開日: 更新日:

 後がないロイヤルズが、大勝でワールドシリーズの対戦成績を五分にした。

 ジャイアンツに王手をかけられて迎えた28日(日本時間29日)の第6戦は15安打で10得点を奪って快勝。シリーズの行方は29日の第7戦に持ち越された。

 このシリーズですっかり影が薄くなっていたロイヤルズ・青木宣親(32)だが、ようやく存在感をアピールした。「2番・右翼」で4戦ぶりのスタメン出場。青木のバットに快音が響いたのが二回の第2打席だった。1点を先制し、なおも1死満塁の好機で打席へ。相手先発のサイ・ヤング賞右腕(07年)ピービに2球で追い込まれながら、ファウルで7球粘った末の8球目、外寄りの直球を流し打って左前に運ぶタイムリー。ワールドシリーズ10打席目にして放った待望の初安打で貴重な追加点を奪った。

 サイ・ヤング賞右腕をマウンドから引きずり降ろすと、ロイヤルズ打線の勢いは止まらず、2番手右腕も攻略し、この回8安打で一気に7点を奪った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  10. 10

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

もっと見る