ロイヤルズ逆大手 青木はWS「初安打初打点」でようやく貢献

公開日: 更新日:

 後がないロイヤルズが、大勝でワールドシリーズの対戦成績を五分にした。

 ジャイアンツに王手をかけられて迎えた28日(日本時間29日)の第6戦は15安打で10得点を奪って快勝。シリーズの行方は29日の第7戦に持ち越された。

 このシリーズですっかり影が薄くなっていたロイヤルズ・青木宣親(32)だが、ようやく存在感をアピールした。「2番・右翼」で4戦ぶりのスタメン出場。青木のバットに快音が響いたのが二回の第2打席だった。1点を先制し、なおも1死満塁の好機で打席へ。相手先発のサイ・ヤング賞右腕(07年)ピービに2球で追い込まれながら、ファウルで7球粘った末の8球目、外寄りの直球を流し打って左前に運ぶタイムリー。ワールドシリーズ10打席目にして放った待望の初安打で貴重な追加点を奪った。

 サイ・ヤング賞右腕をマウンドから引きずり降ろすと、ロイヤルズ打線の勢いは止まらず、2番手右腕も攻略し、この回8安打で一気に7点を奪った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  6. 6

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  7. 7

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る