ロイヤルズ逆大手 青木はWS「初安打初打点」でようやく貢献

公開日:  更新日:

 後がないロイヤルズが、大勝でワールドシリーズの対戦成績を五分にした。

 ジャイアンツに王手をかけられて迎えた28日(日本時間29日)の第6戦は15安打で10得点を奪って快勝。シリーズの行方は29日の第7戦に持ち越された。

 このシリーズですっかり影が薄くなっていたロイヤルズ・青木宣親(32)だが、ようやく存在感をアピールした。「2番・右翼」で4戦ぶりのスタメン出場。青木のバットに快音が響いたのが二回の第2打席だった。1点を先制し、なおも1死満塁の好機で打席へ。相手先発のサイ・ヤング賞右腕(07年)ピービに2球で追い込まれながら、ファウルで7球粘った末の8球目、外寄りの直球を流し打って左前に運ぶタイムリー。ワールドシリーズ10打席目にして放った待望の初安打で貴重な追加点を奪った。

 サイ・ヤング賞右腕をマウンドから引きずり降ろすと、ロイヤルズ打線の勢いは止まらず、2番手右腕も攻略し、この回8安打で一気に7点を奪った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る