• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「内野手になったかも」恩師が明かすロ軍青木のヤクルト時代

「早大から入団してきた時は何事にも貪欲に取り組んでいました。練習の虫という印象が残っています」――。

 攻守にわたる活躍でロイヤルズの29年ぶりのワールドシリーズ(WS)進出に貢献した青木宣親(32)について、当時、ヤクルト二軍守備走塁コーチを務めていた猿渡寛茂氏(65)がこう振り返る。

 青木は03年のドラフト4巡目で入団。1年目の04年はイースタン・リーグ首位打者(打率3割7分2厘)となり、フレッシュオールスターではMVPを受賞したが、一軍出場はわずか10試合に終わった。

■若松監督の若手方針

 1年目の青木に守備の基本を叩き込んだのが猿渡氏だった。

「足は速いので外野守備に関してはまずまずだった。(二軍のグラウンドがある)戸田で試合がある時は、終了後に二塁や遊撃の位置につかせて内野の守備練習をしました。当時の一軍の外野は、左翼にラミレス、中堅に飯田、右翼に稲葉とレギュラーが固定していた。若松監督(当時)の方針から、若手には『1人2ポジション』をこなせるように指導していたので、青木にも内野を守れるように併殺の練習やスナップスローなどを仕込んだ。本人も置かれた立場を理解していたのか、ポジションはどこでもいいから、一日でも早く一軍に上がろうと目の色を変えて打球を追いかけていました」(猿渡氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る