「内野手になったかも」恩師が明かすロ軍青木のヤクルト時代

公開日:  更新日:

「早大から入団してきた時は何事にも貪欲に取り組んでいました。練習の虫という印象が残っています」――。

 攻守にわたる活躍でロイヤルズの29年ぶりのワールドシリーズ(WS)進出に貢献した青木宣親(32)について、当時、ヤクルト二軍守備走塁コーチを務めていた猿渡寛茂氏(65)がこう振り返る。

 青木は03年のドラフト4巡目で入団。1年目の04年はイースタン・リーグ首位打者(打率3割7分2厘)となり、フレッシュオールスターではMVPを受賞したが、一軍出場はわずか10試合に終わった。

■若松監督の若手方針

 1年目の青木に守備の基本を叩き込んだのが猿渡氏だった。

「足は速いので外野守備に関してはまずまずだった。(二軍のグラウンドがある)戸田で試合がある時は、終了後に二塁や遊撃の位置につかせて内野の守備練習をしました。当時の一軍の外野は、左翼にラミレス、中堅に飯田、右翼に稲葉とレギュラーが固定していた。若松監督(当時)の方針から、若手には『1人2ポジション』をこなせるように指導していたので、青木にも内野を守れるように併殺の練習やスナップスローなどを仕込んだ。本人も置かれた立場を理解していたのか、ポジションはどこでもいいから、一日でも早く一軍に上がろうと目の色を変えて打球を追いかけていました」(猿渡氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る