日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

急上昇の青木株 GMが評価する「数字以上の貢献度」の中身

 ロイヤルズの29年ぶりのリーグ優勝に貢献した青木宣親(32)の評価が高まっている。

 ここまでポストシーズンは全8試合にスタメン出場し、27打数7安打の打率2割5分9厘、2打点。リーグ優勝決定戦進出を決めた地区シリーズ第3戦から4戦連続安打をマークし、チャンスメーカーとして3得点を挙げた。守備でも長打性の当たりをダイビングキャッチするなど、随所に好プレーを見せた。

 今季で契約が切れる青木についてデイトン・ムーアGM(47)は「もちろん来季も残ってほしい。数字以上にチームへの貢献度は高い」と残留させたい意向を明かしている。

 これは、決して日本の報道陣へのリップサービスではない。リーグ連覇を目指す上で青木を欠かせない戦力と評価しているからだ。昨オフ、ブルワーズからトレードで青木を獲得したのは得点力不足(昨季はリーグ11位の648点)を解消するため。ムーアGMは2年連続で3割5分以上の出塁率を記録した青木をリードオフマンとして期待し、その人間性まで調査した上で、トレードに踏み切ったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事