急上昇の青木株 GMが評価する「数字以上の貢献度」の中身

公開日: 更新日:

 ロイヤルズの29年ぶりのリーグ優勝に貢献した青木宣親(32)の評価が高まっている。

 ここまでポストシーズンは全8試合にスタメン出場し、27打数7安打の打率2割5分9厘、2打点。リーグ優勝決定戦進出を決めた地区シリーズ第3戦から4戦連続安打をマークし、チャンスメーカーとして3得点を挙げた。守備でも長打性の当たりをダイビングキャッチするなど、随所に好プレーを見せた。

 今季で契約が切れる青木についてデイトン・ムーアGM(47)は「もちろん来季も残ってほしい。数字以上にチームへの貢献度は高い」と残留させたい意向を明かしている。

 これは、決して日本の報道陣へのリップサービスではない。リーグ連覇を目指す上で青木を欠かせない戦力と評価しているからだ。昨オフ、ブルワーズからトレードで青木を獲得したのは得点力不足(昨季はリーグ11位の648点)を解消するため。ムーアGMは2年連続で3割5分以上の出塁率を記録した青木をリードオフマンとして期待し、その人間性まで調査した上で、トレードに踏み切ったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  2. 2

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  3. 3

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  4. 4

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  5. 5

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  6. 6

    口封じの国策捜査で実刑に…森友事件の真相は解明されず

  7. 7

    小説家中島京子氏 ふつうのことをしたANAホテルを支持する

  8. 8

    理想の打順を「1番から9番までイチロー」と答えた野村監督

  9. 9

    “犬猿の仲”の本当の関係 野村監督は長嶋監督嫌いだった?

  10. 10

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る