• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハム逆王手 延長V打中島は来季の「居場所確保」をアピール

「昨日、今日もチャンスで打てなかったので。最後、あそこ(十一回)で打たないと男じゃないと思って打席に入りました」

 19日のCSファイナルステージ第5戦。延長十一回1死満塁から右翼前に決勝打を放った伏兵は、ホッとした表情でヒーローインタビューに応えた。

 無理もない。本人の言うとおり、延長V打の前までの直近2試合は散々だった。前日の試合から得点圏に走者を置く場面でことごとく凡退。この日も1点差に迫った直後の七回2死三塁という絶好の同点機に空振り三振を喫していただけに、気持ちが入っていたのだろう。

 しかし、奮起の理由はそれだけではない。来季の「居場所確保」への執念もあったはずだ。

 日本ハムは今オフ、2年前までチームに在籍した田中賢介(33=元レンジャーズマイナー)の復帰が決定的。人気、実力、実績に勝る田中がチームに戻れば、二塁手でポジションがかぶる中島は必然的にはじき出され、大引との遊撃手争いが予想される。来季は再びポジション争いを強いられることが濃厚で、今から首脳陣に勝負強さや存在感を見せつけておく必要があったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

もっと見る