古巣・広島に渋ヅラ復帰 新井を待つ歓声とブイーング

公開日: 更新日:

 ご覧のような神妙な表情。阪神を自由契約になり、広島に復帰することが決まった新井貴浩(37)は14日の記者会見で、「帰ってこい、と言ってもらえるとは思わなかった。驚いたが、最後は育ててもらったところで燃え尽きようと思った」と口を開くと、その後もほとんど笑顔を見せることはなかった。

 新井がその「育ててもらったところ」をFAで飛び出したのは7年前。「FAなんてなかったら良かったのに」と苦渋の決断だったことを涙ながらに語った退団会見が、逆に広島ファンの神経を逆なでし、大ブーイングを浴びた。

 それだけに、この日の会見でも「7年前と同じくらい、それ以上に悩んだ。帰っていいものなのかと…」と話し、ファンを納得させるためには、「結果を出すこと。姿勢を示すことだと思います」と決意を示したが、来年の本拠地開幕戦で新井を待っているのは、歓声かブーイングか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る