古巣・広島に渋ヅラ復帰 新井を待つ歓声とブイーング

公開日:  更新日:

 ご覧のような神妙な表情。阪神を自由契約になり、広島に復帰することが決まった新井貴浩(37)は14日の記者会見で、「帰ってこい、と言ってもらえるとは思わなかった。驚いたが、最後は育ててもらったところで燃え尽きようと思った」と口を開くと、その後もほとんど笑顔を見せることはなかった。

 新井がその「育ててもらったところ」をFAで飛び出したのは7年前。「FAなんてなかったら良かったのに」と苦渋の決断だったことを涙ながらに語った退団会見が、逆に広島ファンの神経を逆なでし、大ブーイングを浴びた。

 それだけに、この日の会見でも「7年前と同じくらい、それ以上に悩んだ。帰っていいものなのかと…」と話し、ファンを納得させるためには、「結果を出すこと。姿勢を示すことだと思います」と決意を示したが、来年の本拠地開幕戦で新井を待っているのは、歓声かブーイングか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る