古巣・広島に渋ヅラ復帰 新井を待つ歓声とブイーング

公開日:  更新日:

 ご覧のような神妙な表情。阪神を自由契約になり、広島に復帰することが決まった新井貴浩(37)は14日の記者会見で、「帰ってこい、と言ってもらえるとは思わなかった。驚いたが、最後は育ててもらったところで燃え尽きようと思った」と口を開くと、その後もほとんど笑顔を見せることはなかった。

 新井がその「育ててもらったところ」をFAで飛び出したのは7年前。「FAなんてなかったら良かったのに」と苦渋の決断だったことを涙ながらに語った退団会見が、逆に広島ファンの神経を逆なでし、大ブーイングを浴びた。

 それだけに、この日の会見でも「7年前と同じくらい、それ以上に悩んだ。帰っていいものなのかと…」と話し、ファンを納得させるためには、「結果を出すこと。姿勢を示すことだと思います」と決意を示したが、来年の本拠地開幕戦で新井を待っているのは、歓声かブーイングか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る