新井貴が広島復帰へ 阪神の“重圧”解けて一塁スタメン奪取も

公開日: 更新日:

「最後に競争できる環境に身を置きたかった」

 今季で3年契約が切れて退団が決まった阪神新井貴浩(37)。球団からは今季年俸2億円から減額制限を超える1億3000万円減の7000万円を提示されたようだが、新井は「年俸とかじゃなしに、もう一回最後に競争をしたかった」と決断に至った心境を語った。

 確かに来季の阪神に新井の居場所はない。一塁は助っ人のゴメスが打点王を獲得する活躍を見せ残留が濃厚。三塁も、西岡、今成、自分の弟などが控えている。代打の切り札的な存在としては関本がいる。

 移籍先については当初、楽天入りが囁かれていたものの、古巣広島への復帰が決定的だ。

 競争を望んで移籍するとはいっても、今季の新井は主に代打で打率.244、3本塁打、31打点に終わった。広島の一塁には本塁打王のエルドレッドがいるし、三塁も動きのいい梵、田中、鈴木らがレギュラーの座を争っている。エルドレッドが故障でもしない限りは、やはり代打が濃厚だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  8. 7

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  9. 8

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  10. 9

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

  11. 10

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

もっと見る