• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新井貴が広島復帰へ 阪神の“重圧”解けて一塁スタメン奪取も

「最後に競争できる環境に身を置きたかった」

 今季で3年契約が切れて退団が決まった阪神の新井貴浩(37)。球団からは今季年俸2億円から減額制限を超える1億3000万円減の7000万円を提示されたようだが、新井は「年俸とかじゃなしに、もう一回最後に競争をしたかった」と決断に至った心境を語った。

 確かに来季の阪神に新井の居場所はない。一塁は助っ人のゴメスが打点王を獲得する活躍を見せ残留が濃厚。三塁も、西岡、今成、自分の弟などが控えている。代打の切り札的な存在としては関本がいる。

 移籍先については当初、楽天入りが囁かれていたものの、古巣広島への復帰が決定的だ。

 競争を望んで移籍するとはいっても、今季の新井は主に代打で打率.244、3本塁打、31打点に終わった。広島の一塁には本塁打王のエルドレッドがいるし、三塁も動きのいい梵、田中、鈴木らがレギュラーの座を争っている。エルドレッドが故障でもしない限りは、やはり代打が濃厚だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る