アギーレ日本で無得点続く岡崎 「1、2年は苦しんでいい」

公開日:  更新日:

 日本代表通算得点記録歴代3位(39得点)のFW岡崎慎司(28)が、アギーレ日本で苦しんでいる。昨季ドイツ1部リーグで15ゴール。今季も6ゴールと堂々のトップタイだ。しかし、アギーレ日本5試合すべてに先発しながら、ここまでシュートが打てない、ゴールが決まらない──の悪循環に陥っている。18日にオーストラリア戦(午後7時20分キックオフ)を控えた岡崎に聞いた。

――6―0で圧勝したホンジュラス戦で岡崎選手は、シュート2本・無得点に終わりました。

「試合によってシュートに結びつくパスが来ない時もあります。ホンジュラス戦は、もっと自分からパスを“呼び込む”ような動きをしないといけなかったと思います」

――アギーレ日本代表では、岡崎選手ならではの得点パターンが、見えにくい状態なのですか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    原発外交、領土交渉…自民党は3代目に身上をつぶされる

もっと見る