記録破られた奥寺康彦氏 マインツ岡崎慎司好調の理由を語る

公開日: 更新日:

 ドイツ・ブンデスリーガ1部マインツFW岡崎慎司(28)の快進撃が止まらない。今季開幕戦のゴールでドイツ通算ゴール数を26とし、日本人プロ第1号の奥寺康彦氏(62)の持つ「日本人ブンデスリーガ1部通算最多得点記録」に並んだ。そして第3節のヘルタ・ベルリン戦の2得点で記録を更新すると続くドルトムント戦、フランクフルト戦と3試合連続ゴール。5試合5得点の荒稼ぎだ。好調の原因はどこにあるのか、前記録保持者・奥寺氏自らが語った。

 まずは、記録更新に心の底から「おめでとう」と伝えたいと思う。

 岡崎がマインツに移籍したのは13年の6月。移籍1シーズン目で15得点を決め、今季も序盤からゴール量産だ。一番良かったのは、マインツがビッグクラブではなかったということ。前所属のシュツットガルトのようなビッグクラブでは、日本人選手が主役を張るのは難しい。その点マインツでは主役になれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  2. 2

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  3. 3

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  4. 4

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  5. 5

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  6. 6

    口封じの国策捜査で実刑に…森友事件の真相は解明されず

  7. 7

    小説家中島京子氏 ふつうのことをしたANAホテルを支持する

  8. 8

    理想の打順を「1番から9番までイチロー」と答えた野村監督

  9. 9

    “犬猿の仲”の本当の関係 野村監督は長嶋監督嫌いだった?

  10. 10

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る