• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

記録破られた奥寺康彦氏 マインツ岡崎慎司好調の理由を語る

 ドイツ・ブンデスリーガ1部マインツFW岡崎慎司(28)の快進撃が止まらない。今季開幕戦のゴールでドイツ通算ゴール数を26とし、日本人プロ第1号の奥寺康彦氏(62)の持つ「日本人ブンデスリーガ1部通算最多得点記録」に並んだ。そして第3節のヘルタ・ベルリン戦の2得点で記録を更新すると続くドルトムント戦、フランクフルト戦と3試合連続ゴール。5試合5得点の荒稼ぎだ。好調の原因はどこにあるのか、前記録保持者・奥寺氏自らが語った。

 まずは、記録更新に心の底から「おめでとう」と伝えたいと思う。

 岡崎がマインツに移籍したのは13年の6月。移籍1シーズン目で15得点を決め、今季も序盤からゴール量産だ。一番良かったのは、マインツがビッグクラブではなかったということ。前所属のシュツットガルトのようなビッグクラブでは、日本人選手が主役を張るのは難しい。その点マインツでは主役になれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  5. 5

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  6. 6

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  7. 7

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

  10. 10

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

もっと見る